君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  2018/7/16 new!! 

そのほかTwitterでしょうもないことをつぶやいています。

Kenshiプレイ日記21「ハイブの女王」

前回はこちら

 

 

島を泳いで渡った先にあったのは、ハイブたちが住む島だった。

薄紫色のフラスコのような形をしたものが、彼らの住居らしい。

f:id:Mestral:20180716092739j:plain

この島に上陸する前に、マルコはスケルトンのバーンに相談していた。

ただでさえ排他的な集団だ、沢山の人数で押しかければ警戒される可能性が高いだろう。だから、足の速いマルコだけで上陸することにする。

 

住居の中に入ってみると、粗末なベッドと家具しかない、シンプルなつくりだった。

特に彼らはマルコ達に敵対心を持っているわけではなく、こちらのことをじっと眺めている。彼らがソルジャードローンだからなのか、特に何も会話はなかった。

f:id:Mestral:20180716092759j:plain

こうして一つずつ中を調べていくうちに、その瞬間は訪れた。

 

「んぐああああああああああああああ」

「ええっへえっへぇええええええあ」

 

マルコが足を踏みいれた瞬間、つんざくような奇声で出迎えられたのだ。

あまりの威圧感に耐えかね、思わずマルコは一度建物の外に飛び出す。

f:id:Mestral:20180716093353j:plain

今何か、普通のハイブではないモノがいたかもしれない。

好奇心と恐怖の間で動揺しながらも、マルコは再び建物に入る。

すると女王の椅子に、ハイブの女王が陣取っていたのだ。

 

f:id:Mestral:20180716093734j:plain

「ええええええええええええええ!」

「どうして叫んでいるんだ?大丈夫か?」

 

f:id:Mestral:20180716094634j:plain

「えええええええええええええ!!」

「あなたを傷つける意図はない。ただ話したいんだ」

 

f:id:Mestral:20180716094815j:plain

女王はただ体を激しく揺らし、椅子の上で苦痛に悶えている。

 

いったいどうしたというのだろう。マルコが落ち着いて彼女の体を見ると、腹の部分に装置のようなものが据え付けられている。

f:id:Mestral:20180716095215p:plain

「大丈夫でないことはわかった。君が叫ぶのをとめてあげたいんだが、何か手はないだろうか」

 

f:id:Mestral:20180716095017j:plain

すると女王はすすり泣きを始めた。

マルコはただ、ため息をつくほかない。

 

ケルトンのバーンの提案で、試しにビープを巣に近づけてみた。

種族が同じハイブなら、分かり合える部分はあるかもしれない。

 

「ハイブの裏切りものめ!」

f:id:Mestral:20180716095648j:plain

攻撃はされないものの、案の定ビープは追い返されてしまった。

それから人を変えて何度も話しかけようとしてみたものの、女王の態度は変わらない。

 

マルコはスケルトンのバーンや他の仲間と話しながら、思案に暮れる。

 

マルコが思うに、女王は科学技術が発達していた古代に延命手術を受けたのかもしれない。腹の機械が彼女の内臓を補助する役割を持っていて、体の健康を維持しているのだ。マルコの目には、スケルトンの部品の一部のようにも見える。

f:id:Mestral:20180716101543p:plain

 

そうされる理由は「ハイブという種族の維持」だろう。

 

ハイブがどうやって今の形に生まれたのか、もしくは生み出されたのかは誰もわからない。マルコとしては、ソルジャードローン、ワーカードローンというように用途に分かれたハイブが存在すること自体、ハイブ種族の誕生に人為的な操作があるように思えてならない。

 

もし仮に、ハイブが人為的に生み出されたとしたら、その統率を取るには、女王を維持管理することが必要不可欠だ。だから、彼女を何千年も稼動させるために、スケルトンの装置を一部彼女に据え付けたのだ。

 

しかし、体の健康とは裏腹に、頭脳の方はすでに磨耗し錆びきってしまっているのかもしれない。彼女が正常なコミュニケーションを取れないことからも、それは明らかだ。時々自我を持ち彼女のコントロールから外れてしまうハイブがいるのも、フォグマンのように異常行動に走るハイブがいるのも、そのせいではないか。さらにハイブの村々を見ても、彼らはただあたりをうろつくだけで、明確な仕事や役割があるように見えない。おそらくハイブにとっても、女王の命令は不明瞭になってきているのかもしれない。

 

一方、マルコの目には、椅子に座ったり歩き回る女王に、僅かながら知性が残っているようには見える。

 

先ほどマルコが話しかけたとき、女王は苦痛に悶え涙を流すような姿を見せた。この時、女王はマルコの言葉を理解していたのだろうか。もし理解していたとしたら、彼女はマルコに、自身の苦痛を知らせたかったに違いない。

 

死ぬことも許されない地獄で何千年も味わってきた、この苦痛を。

f:id:Mestral:20180716095814j:plain

 

仮にそうだったとしても、マルコにはそれを止める手段も権利もないだろう。

マルコ達はただ何もせず、この島を去ることになる。

 

いずれワールドエンドで研究が進み、ハイブたちの歴史が紐解かれたならば、この世界のために女王にどう働きかけるかも、決まっていくことだろう。

そのときまで女王が生きていればという仮定の上ではあるが。

 

つづく。