君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

開発者に会ってきました

クリスとナタリーに突撃インタビューinTGS2018

 

攻略

Kenshiの歩き方―序盤の攻略から楽しみ方まで

 

読み物シリーズ

Kenshiの歴史(Fandomページの翻訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞(公式HPの意訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞2「仲間の犠牲」 2019/2/15 new!!

 

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築

28.南東へ

29.伝道師

30.歴史は繰り返す

31.戦う理由

32.砂漠の海 

33.落日の帝国

【番外編その2】ビープ商会の野望

34.俺たちはまた、旅に出る

35.人の皮を被った悪魔

36.帝国の残影と新たなる脅威

37.諸行無常

38.塔

39.墓標 2019/4/30 new!!

 

RimWorld

Image result for Rimworld

1.新天地

2.野蛮人のルミ

3.集いし仲間達 2019/2/11 new!!

 

Deity Empires

f:id:Mestral:20190519091350p:plain

1.誇り高きノルド

2.海を渡る

 

その他のゲームについて書いているもの

エースコンバット7「EMLの使い方」

 

また、気まぐれで好きなゲームや愛すべきクソゲーについて記事にしています。サイドバーからどうぞ。

EU4プレイ日記1「ローマ帝国再興を夢見て」

かつての大国は今、死の間際にある。

 

ローマ世界の正当な後継者であるビザンツ帝国は、度重なる外敵の侵略により、もはや首都とギリシャの一部の領土を維持するので精一杯といった有様だった。

f:id:Mestral:20190721100700j:plain

主要な外敵といえば、東のオスマン帝国だろう。遊牧民だった彼らが国を興して以来、ビザンツとの間では係争が耐えない。最も、もはや係争と呼べるほど両国の差は均衡していなかった。戦いが起こるたびに、スルタンは新たな土地を手にしていく。

 

西の仇敵といえば、ヴェネチアである。「最も高貴なる共和国」を自称する彼らにより、ビザンツは何度も酷い目に合わされてきた。1204年の第四次十字軍でヴェネチアは、十字軍の兵員輸送を担当した。商魂たくましい彼らは、安すぎる船賃を理由に、なんと同じキリスト教国であるビザンツからの略奪をけしかけたのだ。

 

教皇の忠実なしもべたちは、富と暴力に目が眩み、コンスタンティノープルに侵攻し、そこで暴虐の限りを尽くした。現代ヴェネチアのサンマルコ寺院にある4頭馬車の銅像は、その際の戦利品であると伝えられている。

f:id:Mestral:20190721102226p:plain

(英wikiより)

 

のちのコンスタンティノス11世となるパレオロゴス・ドラガセスは、長兄であり皇帝であるヨハネス8世とともに、瀕死の病人であるビザンツを何とか支えてきた。

ConstantinoXI.jpg

(wikiより)

 

彼がどのような気持ちでその任にあたっていたのか、今となっては想像するしかない。あきらめの境地にあってもはや死を覚悟していたのか、かつてヨーロッパ世界を支配したローマ帝国の再興を夢見ていたのか。

 

もし後者なのであれば、それを目指すのもいいだろう。ビザンツはまだ死んでいないし、ドラガセスはまだ、ユリウス・カエサルになれる可能性があるのだ。

 

これは、ロムルスとレムスから始まったローマが、ビザンツ帝国の名の下、ローマ世界の再興を目指す物語である。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

オスマンとの衝突を見据え、ビザンツは急速に準備態勢を整える。

 

まず何よりも、同じ志を持って戦ってくれる仲間が必要だと判断した皇帝は、アルバニアへと急接近する。独立保障をかけた上で、外交官に関係改善を命じた。

 

アルバニアには歴戦の英雄であるスカンデルベグがいた。彼が味方になれば、寡兵でもオスマン相手に戦い抜けるかもしれない。

 

1445年7月、ついにアルバニアビザンツと軍事同盟を結んだ。

f:id:Mestral:20190721104823j:plain

 

ビザンツの意図が伝わったのだろう、スルタンはその年の末に、首都コンスタンティノープルの請求権を捏造した。

f:id:Mestral:20190721110729j:plain

 

「どうせいつか戦うのだ、やつらに一泡吹かせてやる」

ドラガセスはそう言ったに違いないだろう。なんとその6日後にビザンツは、オスマン帝国に対し宣戦布告したからだ。

f:id:Mestral:20190721110905j:plain

 

彼らには秘策があった。スカンデルベグにいち早く兵力を融通し、分散するオスマン陸軍を各個撃破すれば、勝利は得られるだろうと。

 

オスマン領へなだれ込んだビザンツアルバニアアテネ連合軍2万2千と、オスマン主力部隊である2万7千は、ケスリーという山間の町で、合い間見える事となった。

 

指揮官となったドラガノスにとっては初陣である。強大な敵を相手に、緒戦を勝利することが出来るだろうか。

f:id:Mestral:20190721111714j:plain

 

つづく