君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

開発者に会ってきました

クリスとナタリーに突撃インタビューinTGS2018

 

攻略

Kenshiの歩き方―序盤の攻略から楽しみ方まで

 

読み物シリーズ

Kenshiの歴史(Fandomページの翻訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞(公式HPの意訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞2「仲間の犠牲」 2019/2/15 new!!

 

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築

28.南東へ

29.伝道師

30.歴史は繰り返す

31.戦う理由

32.砂漠の海 

33.落日の帝国

【番外編その2】ビープ商会の野望

34.俺たちはまた、旅に出る

35.人の皮を被った悪魔

36.帝国の残影と新たなる脅威

37.諸行無常

38.塔 2019/3/24 new!!

 

RimWorld

Image result for Rimworld

1.新天地

2.野蛮人のルミ

3.集いし仲間達 2019/2/11 new!!

 

その他のゲームについて書いているもの

エースコンバット7「EMLの使い方」

僕に影響を与えたゲームたち

さいきん積みゲーばかり増えていく。積む方はさておき、気になるのは中々減らないゲームの方だろう。そんな現状を分析するには、今まで自分自身に影響を与えたゲームを振り返る事が必要だと思った僕は、「僕に影響を与えたゲームたち」と題して、以下に文章化することにした。自分を見つめ直す事で、今後のゲームへの取り組み方が見えてくるだろうし、もしかしたら本記事が、ブログを読んでくださる皆さんへの自己紹介にもなるかもしれないということで、ゆっくりゆっくり、秘伝のタレを継ぎ足すように書き連ねていきたいと思っている。さて、前置きが長くなった。

 

007 ゴールデンアイ

当時ロクヨンを持っていなかった僕にとって、ゴールデンアイは憧れのソフトだった。コントローラを4つ自前で持っている裕福な友達の家で、みんなに負けじと必死に戦った事を覚えている。その頃から「ゲームに対する歪んだ愛」を持つようになったと思うのは、他の誰よりモーションセンサー爆弾か好きだった事だ。リスポーンエリアの個室トイレの天井、誰もが行き来する廊下の天井、思いつく限りの場所にトラップを仕掛ける。手負いの相手を意図せぬ爆風で倒せた時は、ただ単に打ち合うよりも数倍楽しかった。

 

ファイナルファンタジー7

初めて好きになったゲームの女性キャラがエアリスだった僕にとって、ディスク1の後半は衝撃だった。話は逸れるけれど、昔はプレステもCD二枚組だったのが懐かしい。今となってはダウンロードしてしまえばCDさえ見ないし、グーグルのスタディアが日本でも始まれば、ダウンロードすることすらなくなる。ああなんて時代の移り変わりは早いんだ。

 

さて、本題に戻ろう。エアリスが死んだ事に呆然とした僕は、そのまま最後まで喪失感を抱いたまま、ジェノバまでたどり着いた。最終的に地球は救われたのだろうけど、エアリスが帰ってくるわけではないし、何を成し遂げたんだろう僕は、となってしまった。楽しいだけがゲームじゃないんだなと学べたタイトルだったと思う。

 

メタルギアソリッド

ナンバリングタイトルの中で、思い出補正はあるとしても、僕は一作目が一番好きだ。一番好きなキャラはグレイフォックス。「追い詰められたキツネはジャッカルよりも凶暴だ」というセリフに痺れた。スネークに想いを託して死んでいく姿に、男らしさを感じたのは言うまでない。

 

Morrowind

アウトランダー」「アウトランダー」「アウトランダー

セイダニーン村の皆さんに軒並みよそ者扱いされた記憶が蘇る。PCの付属品として付いていたCDにMorrowindが入っていて、「何これ体験版?」と思ってやってたら全編入っていたという奇跡。コンストラクションセットも付いていたので、絶海の孤島で動物園を作って遊んだ記憶がある。

何よりゲームブログを始めようと思ったのが、Morrowindのプレイ日記を書かれていた長靴さんの影響だった。ただでさえとっつきにくい洋ゲーでもこんなに面白いんだと教えてもらえた事で、ゲームに対する価値観が変わったし、何よりKenshiに手を出すきっかけになったんだと思う。ありがとう長靴さん、本当に。

403 error

オブリビオンもスカイリムもやったけど、異国情緒あふれるモローウインドがやっぱり一番好き。たとえネレバーリンになるために西へ東へおつかいラリーさせられたとしてもね。

 

フォールアウトニューベガス

3、4、76と遊んできたけど、やっぱり最高傑作はニューベガスだと思う。自分が肩入れした勢力がどうなるか、エンディングで語られるのがすごくよかった。一番胸熱だったのはフーバーダムでのレムナント達。NCRは好きになれないし、ハウスやイエスマンもさほどだし、リージョンは論外。そんな中、この時ばかり輝いてみせる老人たちにロマンを感じた。

ただDLCの最後が微妙だったな。哲学めいた抽象論で締めくくるのもいいけど、シエラマドレの狂気やオールドワールドブルースみたいな哀愁溢れる世界も好きなのに。ザイオンの谷で部族(フォローズチョーク?だったかな名前)を見つけざまにVATSで粉々にしてしまい、何もせぬまま谷を抜けた苦い記憶を思い出した。

 

とりとめもなく書き続けているので、気が向いたらまた更新します、では。