君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築  2018/9/3 new!!

そのほかTwitterでしょうもないことをつぶやいています。

Kenshiプレイ日記27「防御陣地の構築」

前回はこちら

凄惨な戦いの後、マルコとストークは今後の方針を考えていた。

 

今すぐにでも、我が方から打って出なければならない。時間が経てば経つほど、こちらは消耗し、物量で勝る帝国とフェニックスの残党が優位に立つからだ。

 

しかし、数度の襲撃を受けてユニティの脆弱さが明らかになった今、遠征部隊を派遣するのは愚の骨頂だろう。また、今でこそヘングなどの近場が戦場であるが、今後ストートや首都のヘフトを攻撃するのであれば、拠点を留守にする時間も増えてしまう。

 

「ユニティの強化」

 

これがマルコたちの当面の目標となった。

 

そしてスケルトンのバーンには妙案があった。それは「見張り塔」の建設である。

ユニティに合流する前は、バーンもフロッドランドの見張り塔に住んでいた。

f:id:Mestral:20180902225956p:plain

その高さを活かし、屋上からハープーンの雨を降らせれば、いまより効果的に襲撃者を撃退できるはず、そうバーンは考えていた。見張り塔と防御壁をうまく組み合わせれば、強力な防御陣地になるだろう。

 

マルコとストークもそれを聞いて納得する。しかし、肝心な「技術」が彼らにはない。

 

バーンが言葉を続ける。古代の技術書である「エンジニアリングリサーチ」があれば、塔の建築に必要な知識を得る事が出来る。その書物は主に古代の遺跡で見つかるという。そして、マルコ達がまだ探索していない遺跡は、大陸の北西に固まって存在する。

f:id:Mestral:20180902230446p:plain

 

「わかった。俺が行ってくる」

周囲の反対を押し切り、マルコが一人、その地へ向かうこととなった。

 

「すぐ帰ってきてくれよ」

トークは不安そうな顔をして言う。なぜならマルコが向かう土地は、邪悪なカニバルどもの巣窟であるからだ。もっとも、カラテの達人であるマルコが後れを取ることはないだろう、ストークはそう自身に言い聞かせる。

 

「フェニックスの残党がまだ平原にのさばっていると聞く。気をつけて」

パラディンのグリフィンもマルコを送り出す。

f:id:Mestral:20180902230415p:plain

 

ちょうどワールドエンドを超えたあたりだろうか、想定どおりカニバルの群れに出くわす。相手が丸腰だと気付き、カニバルたちは興奮してマルコに襲い掛かる。

f:id:Mestral:20180902230954j:plain

 

しかし彼らには運がなかった。マルコはカラテのタツジンだったからだ。

繰り出される拳に慈悲はない。

血まみれで横たわるカニバルどもを横目に、再び走り出す。

f:id:Mestral:20180902231044j:plain

 

大陸の北西の辺境を一人、走っていく。

f:id:Mestral:20180902231601j:plain

 

高台にある廃墟で足を止め、ふと景色に息をのんだ。

まだ知らない風景が沢山ある、そうマルコは思った。帝国とフェニックスの残党との戦いが終われば、街を誰かに託し、一人で旅に出ても良いかもしれない。縁もゆかりもない土地で、見知らぬバーに入り、初めて見る酒を飲み、陽気な酔客と語らう。賞金首となってしまったマルコには叶わぬ日常だ。

f:id:Mestral:20180902231645j:plain

 

バックパックに入れたダストウィッチを頬張りながら、マルコは我に返る。ユニティには自分を待っている仲間が沢山いる。そして、あの街は自分が一から作った街ではないか。干しサボテンすら満足に作れなかった街が、今や大所帯を養えるまでに成長している。そのユニティを守る責務が、自分にはある。

少し休憩を取ってから、マルコは再び歩みを進める。

f:id:Mestral:20180902232544j:plain

 

高台からすぐ近くにある遺跡で、マルコは目的のものを見つけた。

鉄グモに見つからないように、すぐに外に出る。

f:id:Mestral:20180902232902j:plain

 

そして拠点に戻る前に、ブラックデザートシティまで寄り道をする。

 

「古い雑誌にガラクタのかけら、面白い形の石。我々は使い物になるようなものは扱っていないよ。しかし、誰かのゴミは誰かの宝だというじゃないか。さあ、よければ見てってくれよ」

 

クインと名乗るスケルトンが開く店なら、探しているものが見つかるかも知れない、そうストークから聞いていたマルコは、在庫を見てほっと一安心し、幾許かのキャットを払ってそれを得た。

f:id:Mestral:20180902233200j:plain

 

拠点に戻り、早速見張り塔の建築に取り掛かる。

f:id:Mestral:20180902233629j:plain

 

周りを壁で囲む。

f:id:Mestral:20180902233820j:plain

 

屋上にタレットを設置すれば、

f:id:Mestral:20180902233851j:plain

 

今まで以上に強力な防御陣地が完成した。

f:id:Mestral:20180902233916j:plain

 

そして、陣地の完成を待っていたかのように、フェニックスの残党が襲い掛かる。

f:id:Mestral:20180902234048j:plain

 

門は簡単に破られてはしまうものの、パラディン達も驚いたことだろう。

入り口に殺到してきた兵士達は、もはやタレットによって満身創痍というありさまだ。

f:id:Mestral:20180902234132j:plain

 

今までよりもはるかに楽に敵を撃退できたが、まだまだ改良の余地はあるかもしれない。マルコはストークに、陣地の更なる改良を指示した。

f:id:Mestral:20180902234258j:plain

 

そしてマルコ達は、ヘング再攻略を決意する。

敵襲の報があればすぐにユニティへ戻ってこれる距離であるし、この陣地があれば多少負傷者が出ていたとしても、容易に敵を跳ね返せるはすだ。

f:id:Mestral:20180902234441j:plain

 

鉄グモ3体を引き連れた遊撃部隊は、再びヘングの前にたどり着く。

決戦の火蓋はまもなく切っておろされるだろう。

f:id:Mestral:20180902234728j:plain

 

つづく。