君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

開発者に会ってきました

クリスとナタリーに突撃インタビューinTGS2018

 

攻略

Kenshiの歩き方―序盤の攻略から楽しみ方まで

 

読み物シリーズ

Kenshiの歴史(Fandomページの翻訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞(公式HPの意訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞2「仲間の犠牲」 2019/2/15 new!!

 

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築

28.南東へ

29.伝道師

30.歴史は繰り返す

31.戦う理由

32.砂漠の海 

33.落日の帝国

【番外編その2】ビープ商会の野望

34.俺たちはまた、旅に出る

35.人の皮を被った悪魔

36.帝国の残影と新たなる脅威

37.諸行無常

38.塔

39.墓標 2019/4/30 new!!

 

RimWorld

Image result for Rimworld

1.新天地

2.野蛮人のルミ

3.集いし仲間達 2019/2/11 new!!

 

Deity Empires

f:id:Mestral:20190519091350p:plain

1.誇り高きノルド

2.海を渡る

 

その他のゲームについて書いているもの

エースコンバット7「EMLの使い方」

 

また、気まぐれで好きなゲームや愛すべきクソゲーについて記事にしています。サイドバーからどうぞ。

Deity Empiresプレイ日記2「海を渡る」

前回はこちら

 

首都セイダニーンでは、ガレー船の建造が始まっていた。理由はひとつ、「海の向こう側の情勢を知るため」である。

 

海を挟んでいるとはいえ、隣人が友好的な帝国でないのであれば、我々からも積極的に打って出る必要があるだろう。それにちっぽけな島に留まっていても、いずれ国力の成長も天井に達するだろうし。

f:id:Mestral:20190525054455j:plain

 

案の定、不吉なメッセージが届く。

「あんた達のことをしばらくは生かせておいてやる」

どうやら、ボゾルクと名乗るオークの帝国らしい。

f:id:Mestral:20190525055400j:plain

 

どうやらボゾルクが島の南側を押さえていて、東側は以前、我々の島に挨拶もなく乗り込んできたトウォルゴという名の民族の都市があるらしい。

f:id:Mestral:20190525055719j:plain

 

食うか食われるか、近いうちにそのような関係になるのは目に見えている。そこで、新たな大陸への橋頭堡へとなる街カルデラを建設した。

f:id:Mestral:20190525055915j:plain

 

カルデラといえばニックスハウンドだなというまったく関係ない記憶がよみがえってくる。ああ、街道で何匹かに追い回されて、息も絶え絶えカルデラの町に飛び込んだっけな。おそらく膝に矢を受けた経験はないであろうカルデラのガードの皆様には大変お世話になったような気がする。懐かしい。

 

なんて事を思い出しながら、軍隊をトウォルゴの首都イカシュへと進めていく。

f:id:Mestral:20190525061003j:plain

 

そういえば、意図せず強力なユニットの雇用に成功していた。

リザードマンソルジャーのアクスプリザテックだ。たしか首都セイダニーンで傭兵として雇用したような気がする。なんでもコアユニットという属性だそうで、確かに戦いではかなり活躍してくれている。

f:id:Mestral:20190525061113j:plain

 

もう一人はブレブロンスウォンドルだ。先ほどの彼と違って接近戦の能力に長けてはいないものの、電撃ネットという投合武器を使うことが出来る。どうやら敵の動きを足止めするのに使えるようだし、意外と攻撃力が高いのも嬉しいところ。

f:id:Mestral:20190525061123j:plain

 

それに比べていま製造できるユニットはノースマンの歩兵ぐらいだし、いずれは傭兵に頼らない体制の構築を目指さなければ。

 

始めて大規模な相手と戦うこともあり、戦神トロン自身も受肉し、参戦する。

f:id:Mestral:20190525062047j:plain

 

十分な兵力を準備できたので、さほどてこずらないだろう。

f:id:Mestral:20190525062148j:plain

 

f:id:Mestral:20190525062323j:plain

 

思った以上に損害は出たものの、どうにかこうにかイカシュを手に入れる事が出来た。

f:id:Mestral:20190525062346j:plain

 

首都(田舎の漁村)セイダニーンと比べると、それなりに成長した都市のようだ。

f:id:Mestral:20190525062544j:plain

 

良い感じに領土が広がってきた。

f:id:Mestral:20190525062702j:plain

 

神様共通の能力として「土地の標高を上げる」というものがあるらしく、折角なのでそれも使ってみた。多分、これで都市と都市をつなげば、交易とかでボーナスがあるんだろう。

 

それにしても、こうやってマップ自体に直接干渉できるゲームって面白いなと思う。シヴィライゼーションでもそんな要素ってあったかな。

f:id:Mestral:20190525062826j:plain

 

さて、次は南の国々をどうするかだろう。相手の神は「邪悪」属性だし、その表現をそのまま受け取れば、いつこちらを攻めてきてもおかしくはない。

経済に全振りしていた開発計画も、今のうちから軍事にも振り分けることにしよう。

 

つづく