君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

開発者に会ってきました

クリスとナタリーに突撃インタビューinTGS2018

 

攻略

Kenshiの歩き方―序盤の攻略から楽しみ方まで

 

読み物シリーズ

Kenshiの歴史(Fandomページの翻訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞(公式HPの意訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞2「仲間の犠牲」 2019/2/15 new!!

 

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築

28.南東へ

29.伝道師

30.歴史は繰り返す

31.戦う理由

32.砂漠の海 

33.落日の帝国

【番外編その2】ビープ商会の野望

34.俺たちはまた、旅に出る

35.人の皮を被った悪魔

36.帝国の残影と新たなる脅威

37.諸行無常

38.塔

39.墓標

【番外編その3】オショウガツをやろう

40.何の為に生きるか 2020/2/15 new!!

 

RimWorld

Image result for Rimworld

1.新天地

2.野蛮人のルミ

3.集いし仲間達 2019/2/11 new!!

 

Deity Empires

f:id:Mestral:20190519091350p:plain

1.誇り高きノルド

2.海を渡る

 

その他のゲームについて書いているもの

エースコンバット7「EMLの使い方」

フロストパンクDLC「最後の秋」攻略

 

また、気まぐれで好きなゲームや愛すべきクソゲーについて記事にしています。サイドバーからどうぞ。

Kenshiプレイ日記40「何の為に生きるか」

前回はこちら

 

「お前は奴隷を愛しているんだろう?ならばお前も奴隷になってはどうかね」

f:id:Mestral:20200215090530j:plain

 

殴りかかってきた奴隷商人たちを、マルコは冷静に返り討ちにする。

f:id:Mestral:20200215090653j:plain

 

ここはオクランズプライド、もともとはホーリーネーションの領地だった場所だ。悪名高い宗教国家が無くなって以降、ここは諸勢力の草刈り場となった。

 

この奴隷商人たちもそうだ。あの険しい顔で街道を警備するパラディンがいなくなってから、旅人を襲っては奴隷として売り飛ばすことで、彼らは生計を立てている。

 

さらに、地元住民にとってのさらなる脅威は、西方から侵略してくるフォグマンである。

f:id:Mestral:20200215091419j:plain

 

街道の真ん中に堂々と、彼らの邪悪なモニュメントを飾っている。こうした「巣」が街道沿いにずらっと並んでいて、日夜フォグマン達は周辺の都市に攻撃を仕掛けている。

f:id:Mestral:20200215091646j:plain

 

もちろん統治国家側も黙って指をくわえているだけではない。スタックを抑えるシェクは、戦士たちを頻繁に都市の外へと巡回に出しているし、ブリスターヒルに居を構えなおしたフロットサム達も、カニバルとの闘いと同時並行で、フォグマンに対処しようとしている。きっと両者の統治が安定すれば、オクランの地を闊歩する悪人たちも、姿を消すに違いない。

 

「それまでの助けが必要かもしれないな」

 

ユニティへと戻る道のりを進みながら、マルコは考えていた。常々彼には思うところがある。それは「何の為に生きるか」だ。

 

こうしてホーリーネーションの土地を訪れたのも、自分が下した決断が、世界にどのような影響を与えたのか、見て回るためだった。

f:id:Mestral:20200215094526j:plain

今やこの地では誰しも性別や種族で差別されないし、あのいびつな皇帝フェニックスの石像建設で命を無駄にすることもない。着実に、人間が人間らしい生活を送れる社会に近づきつつある。その進歩の芽を、しょうもない奴隷商人やフォグマンの群れに摘ませるわけにはいかないのだ。

 

そのためにマルコ達にできる唯一のことは、戦う事だった。再びユニティの面々は、旅に出る。

f:id:Mestral:20200215092952j:plain

 

「我々は仲間だ。いつもありがとう」

f:id:Mestral:20200215093420j:plain

 

こうして暖かく送り出してくれたブリスターヒルのフロットサムからは、ホーリーネーションの残党がまだ、山間の村に潜んでいることを聞いた。

f:id:Mestral:20200215094600j:plain

 

「死ね!この汚らわしいロボットめ!」

「オクランの光は、私にこの暗黒を振り払うための力を与えたもうた!」

オクランの狂信者たちは威勢よく叫ぶものの、もはやマルコ達の敵ではない。

f:id:Mestral:20200215094626j:plain

f:id:Mestral:20200215180142j:plain

 

この拠点を取り仕切っていた異端審問官を捕らえ、シェクの牢屋にぶち込んだ。

f:id:Mestral:20200215095033j:plain

 

それからすぐ、フォグマン退治に出発する。

f:id:Mestral:20200215180325j:plain

 

ちょうど夜だったこともあり、巣の位置は遠くからでもしっかりと視認することが出来る。街道沿いに光が続いている様を見て、マルコは思う。一刻も早く、フォグマン達を一掃してやると。

f:id:Mestral:20200215180407j:plain

 

巣を一掃するにあたり、彼らの不思議な習性を利用した。「ポールに縛り上げた人間なら、見境なく貪り食う」というものだ。倒れこんだフォグマンを拘束しておくと、遠くからそれを察知した別のフォグマンがやってくる。そして同胞かどうかも気にせず、食事にありつこうとするのだ。

f:id:Mestral:20200215180625j:plain

こうしてやってきた「夏の虫」を、一匹ずつ潰していく。

 

グリフィンは言う。「殺人者たちに慈悲を見せるな。彼らは私たちにそれを見せないのだから」その通りだと、マルコは思う。同族であれその手にかける姿を見ると、彼らに正気があるとはまったく思えない。何が理由で彼らは不可解な殺人を続けるようになったのであろうか。

f:id:Mestral:20200215181039j:plain

 

道中、シェクの巡回部隊の支援も得たマルコ達は、オクランに蔓延するフォグマンの巣を、あらかた破壊することが出来た。

f:id:Mestral:20200215181821j:plain

 

さらに部隊は西へと歩みを進め、フォグアイランドにたどり着いた。ここでもフォグマンの数をできるだけ減らしていくつもりだ。

f:id:Mestral:20200215181944j:plain

 

雪崩のように現れるフォグマン達を、一匹ずつ切り伏せていく。彼らの血で、大地は灰色に染まっていく。

f:id:Mestral:20200215182414j:plain

 

「報復は後味が悪いだろう。しかし、慈悲は弱さだ。殺人鬼をひとり許せば、罪のない多くのものが命を落とすのだ」 

f:id:Mestral:20200215182532j:plain

f:id:Mestral:20200215182741j:plain

 

マルコ達の手により、かなりの数のフォグマンがその命を散らした。もっとも、どこからともなく現れるフォグマン達の根を絶たなければ、この戦いは終わらないかもしれない。

f:id:Mestral:20200215182816j:plain

 

次にマルコ達は、北へと向かった。以前、バーンと出会ったあの土地の現況を確認するためだ。道中、一行は怪しげな研究所を見つける。

f:id:Mestral:20200215182933j:plain

 

施設の周りを、ドローンのような飛行物体が沢山旋回をしている。その光景を見て、バーンは一人呟く。

「ここは太古の世界の遺産だよ。夢のような技術の産物が、とてつもない量で作られていた。機械が機械を作り、その機械はまた別の機械を作った。最終的には、飢餓に突き動かされたかのような製造工程はもろくも崩壊してしまった。この場所こそ、私が生まれた場所なのだ」

f:id:Mestral:20200215183442j:plain

 

建物の中に入ると、珍しいアーティファクトが列をなして転がっている。一目見てマルコは思った。これは何か怪しいと。貴重な品々が、誰の手にも触れずに床に転がっているはずはない。幾多の遺跡を渡り歩いてきた一行にとって、これは罠であることはあきらかだった。

f:id:Mestral:20200215184020j:plain

 

案の定、罠だった。階上では、腹をすかせたカニバルどもが今か今かと訪問客を待ち構えていたのだ。

f:id:Mestral:20200215205757j:plain

 

多少知恵の回るカニバルだったが、戦闘能力でいえばほかのものと大差ない。静かになってから、マルコは建物の中を探索する。

f:id:Mestral:20200215205907j:plain

 

3Fまで上がると、そこは食人族の檻でいっぱいだった。この檻の数からして、今までカニバルはたくさんの探索者たちをその胃袋に収めてきたに違いないだろう。背筋がぞっとする思いと同時に、義憤を感じるマルコだった。

f:id:Mestral:20200215210154j:plain

 

「何の為に生きるか」マルコにとって明確な答えはまだない。しかし、大陸には残忍な連中が我が物顔でのさばっていて、まだ正されない不公正があると思うと、その撲滅に向けて戦いを続けるのは自身の責務であると、マルコは思う。

f:id:Mestral:20200215210639j:plain

外では雨が降りしきっていて、ドローンたちはまだ、建物の周りを飛び回っている。あたかもここで失われた幾多の命を弔っているかのように、マルコには思えた。

 

つづく