君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

開発者に会ってきました

クリスとナタリーに突撃インタビューinTGS2018

 

攻略

Kenshiの歩き方―序盤の攻略から楽しみ方まで

 

読み物シリーズ

Kenshiの歴史(Fandomページの翻訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞(公式HPの意訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞2「仲間の犠牲」 2019/2/15 new!!

 

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築

28.南東へ

29.伝道師

30.歴史は繰り返す

31.戦う理由

32.砂漠の海 

33.落日の帝国

【番外編その2】ビープ商会の野望

34.俺たちはまた、旅に出る

35.人の皮を被った悪魔

36.帝国の残影と新たなる脅威

37.諸行無常

38.塔

39.墓標 2019/4/30 new!!

 

RimWorld

Image result for Rimworld

1.新天地

2.野蛮人のルミ

3.集いし仲間達 2019/2/11 new!!

 

Deity Empires

f:id:Mestral:20190519091350p:plain

1.誇り高きノルド

 

その他のゲームについて書いているもの

エースコンバット7「EMLの使い方」

 

また、気まぐれで好きなゲームや愛すべきクソゲーについて記事にしています。サイドバーからどうぞ。

Deity Empiresプレイ日記1「誇り高きノルド」

ツイッターでみやびさんが紹介されていたDeity Empiresを購入してみた。

 

f:id:Mestral:20190519081409j:plain

(飾り気のないシンプルなタイトル画面。そう、インディーゲームはこれでいい)

 

日本語対応やバランス調整等、素晴らしいMODが沢山あるそうで。まあ、今回は初めてだし、バニラで遊んでみることにする。

 

ざっくりとした事前情報しか得ていなかったけど、どうやら何人かいる神の中から一人選んで、彼が率いる帝国で天下統一するのが目的みたいだ。

 

今回はトロンで始めてみる。種族はノースマンにしてみた。何でも凍り系の攻撃に耐性があるそう。それにスカイリムのノルドみたいでかっこいい。己の肉体のみで戦う誇り高きノルド(バカバーブ)ということで神に魔法系のスキルをつけないつもりだったけど、何があるかわからないし、無難そうに見える構成にしておいた。

f:id:Mestral:20190519081626j:plain

 

こうしてトロンの帝国は、世界の片隅で産声を上げた。

何を考えていたのか、神は街の名前を「セイダニーン」と名づける。おそらく海沿いの辺鄙な町といえば、リバーウッドよりもセイダニーンだろという、きまぐれだろう。

f:id:Mestral:20190519082535j:plain

 

周辺の部族に対して積極的な攻勢に出る。

勝利かソブンガルデかだ!

f:id:Mestral:20190519084535j:plain

 

トロンの帝国による始めての戦いは、無事に勝利で終わった。

f:id:Mestral:20190519084612j:plain

 

こうして蛮族や獣たちの集団を倒しているうちに、ついに新しい街を建設することが出来た。周囲に食料ボーナスがあるタイルが2つもあるし、海も近い。きっとセイダニーンよりかは発展するだろうということで、この街をバルモラと名づけた。

スコーマ中毒の半裸のおっさんが闊歩しないことを祈るばかり。

f:id:Mestral:20190519084719j:plain

 

平和な時間を送る帝国に激震が走る。

なんと我々の島の最南端に、トウォルゴと名乗る異民族が勝手に町を作っているのだ。あいさつも無く他人の島に乗り込んでくるなんて無礼な奴らだ。ノースマン流(もといノルド)の礼儀作法を教えてやるぞ。

f:id:Mestral:20190519085041j:plain

 

拳で語る外交により、街はトロンの帝国に併合された。

セイダニーン、バルモラときたら、やっぱり次はヴィヴェックでしょう。

f:id:Mestral:20190519085239j:plain

 

異民族の排斥に成功した帝国は、そのまま島全体を手中に収めた(正確には北西端を残して)

 

海という防御壁があれば、しばらく内政に注力できるかもしれない。しかし、あまり長く島に篭っていれば、それこそ鎖国ジャパンのように、ある日突然外部勢力の脅威にさらされる可能性もある。

 

セイダニーンで船のドックを作ったことだし、船でも調達して、他の大陸への植民も検討すべきだろう。もっとも、我々と同じように暴力に訴える隣人に出会う可能性だってある。今は食糧生産に都市機能を全振りしているけれど、軍拡を見据えて強そうなユニットを作っておく必要がありそうだ。

f:id:Mestral:20190519085628j:plain

 

つづく