君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

開発者に会ってきました

クリスとナタリーに突撃インタビューinTGS2018

 

攻略

Kenshiの歩き方―序盤の攻略から楽しみ方まで

 

読み物シリーズ

Kenshiの歴史(Fandomページの翻訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞(公式HPの意訳)

Kenshiプレーヤーストーリー大賞2「仲間の犠牲」 2019/2/15 new!!

 

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築

28.南東へ

29.伝道師

30.歴史は繰り返す

31.戦う理由

32.砂漠の海 

33.落日の帝国

【番外編その2】ビープ商会の野望

34.俺たちはまた、旅に出る

35.人の皮を被った悪魔

36.帝国の残影と新たなる脅威 2019/1/20 new!!

 

RimWorld

Image result for Rimworld

1.新天地

2.野蛮人のルミ

3.集いし仲間達 2019/2/11 new!!

 

その他のゲームについて書いているもの

エースコンバット7「EMLの使い方」

そのほかTwitterでしょうもないことをつぶやいています。

Kenshiプレーヤーストーリー大賞2「仲間の犠牲」

前回に引き続き、プレーヤーストーリー大賞の意訳をお届けします。

 

今回のタイトルは「仲間の犠牲」です。

 

仲間の犠牲

 

ホーリーネーションの支配地を歩いている時に、平均以上の剣の腕前を持つこの大男を雇った。彼はあまり多くを語らなかったけれど、俺達は彼をフィッシュと呼んで仲間に迎え入れた。俺たちよりも相当な手練れだったから、彼はブリスターヒルへの行商に加わることになった。

 

今日も普段と変わらない、自分達のバックパックに荷物を詰めて、パックブルにも沢山の荷物を背負わせて、孤独な頂きと呼ばれていた俺たちの拠点から北西に向かった。冒険に出かけるときはいつも、胸は希望に満ちていて、歩く足も軽い。金属製の扉が開く音を聞いていると、新しい衣服や設計図、そして武器のことで頭の中がいっぱいになった。

 

一時間ほど歩いて、ビークシングや野犬の群れのそばを通り抜けて、牛の群れを見かけるちょうどその直前に、ホーリーネーションの歩兵の「止まれ!」と叫ぶ声が聞こえた。トラブルになりたくもないし、俺たちは立ち止まった。今日の遠征には女性も参加していないし、女性の不純さや誘惑について講釈を受ける事はないと確信しているからだ。歩兵の言葉から、俺も仲間も知っているんだ、この地に情けという概念が存在しないことを。そして歩兵は威厳を保ちながら言い放った。「諸君の仲間達からすべての非人間を取り除いて連行しなければならない、浄化のために」

 

フィッシュはシェク人だった。

 

ヒム(スティームより)

 

ブログ筆者の感想

前回と同じように、またホーリーネーションが絡む悲劇ですね。常々思っていましたが、なんて罪深い勢力なんでしょう、彼らは。

 

筆者も同じような経験をしたことがあります。男だけのメンバーのときにオクランの盾の近くを通り抜けたときは、慇懃なパラディンがレーションパックを押し付けてきて「親切すぎて逆に気持ちが悪い」と思っていたのですが、次に女性やシェク人を連れて領内を通ろうとすると、上記のプレーヤーストーリーのように、仲間をさらわれそうになってしまったのです。それ以来、筆者はどんなプレイスタイルでもホーリーネーションとは犬猿の仲を続けています。

f:id:Mestral:20190215145956j:plain

組織に排他的な風土を定着させることで、組織の結束を高めるというのは、人類の歴史上どこでも行われていることですよね。バーン爺の言うとおり「歴史は繰り返す」とはまさにこのこと。

 

ホーリーネーションがもつ「異民族や女性への蔑視」の端緒を紐解いていくと、Kenshiの世界で人類が被った数々の悲劇が原因なのだと推測することができます。以下の記事でKenshiの歴史解説を翻訳したときに知ったのですが、人類はスケルトンやシェク人といった異民族に抑圧されていた過去があって、それがホーリーネーションの持つ排他性につながったのではないかと考えられていますよね。

 

(リンク先は思いっきりネタバレが含まれているので、ご覧になる場合はお気をつけください)

それぞれの勢力や種族には固有の主義主張を持っていて、それらが微妙なバランスで成り立っているのがKenshiの世界であって、プレイヤーの行動如何でどう転ぶか決まってくる。ゲームのシステムだけ見ても面白いけれど、こんなに設定の深い歴史に裏付けられるとなお面白いなと、筆者はしみじみ考えてしまいました。

 

次回は最後のお話です。ご期待ください。