君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

このブログについて

広いネットの海の中から私のブログをご訪問頂き、ありがとうございます。

このブログは現在、ステラリスやKenshiというゲームの攻略記事やプレイ日記を中心に構成されています。お時間の許す限りごゆっくりお楽しみください。

コメントで感想等頂けると小躍りして喜びます。ぜひ好きなゲームで語り合いましょう。

 

 

ステラリス(Stellaris)

ãStellarisãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

攻略

序盤攻略メモ

攻略メモ(中盤編)

大型アップデート後の「①領土とstarbase」「②植民」

 

プレイ日記

Ⅰ.ネコ族シリーズ(いったん完)

プロローグ ネコ族、大地に立つ。

①宇宙、それはネコ族に残された最後の開拓地である。

②めぐりあい宇宙編

③文明指導、始めました

④アンドロイドの逆襲?

⑤銀河連邦との戦い

⑥戦後処理と没落帝国との出会い

⑦落日の帝国 

 

Ⅱ.Nobunagaの野望(完)

プロローグ Nobunagaの野望?

①人間五十年

②臥薪嘗胆 

③眠れる獅子の覚醒

④天下分け目の戦い

最終話 天下泰平

 

Ⅲ.ローマ帝国シリーズ(公式バグにより途中終了)

プロローグ ローマ帝国の再生

①新大陸へ

 

Ⅳ.管理者たち(飽き性な筆者により途中終了)

①管理者

②神について 

 

Ⅴ.Pirglim Fathers(完)

①巡礼者たち

②信仰の光

③聖地

④没落帝国との戦い

最終話 地球再興 

 

Kenshi

f:id:Mestral:20180410221549p:plain

開発者に会ってきました

クリスとナタリーに突撃インタビューinTGS2018

攻略

Kenshiの歩き方―序盤の攻略から楽しみ方まで

考察

Kenshiの歴史(Fandomページの翻訳)

プレイ日記

Ⅰ.Man with a dog

1.男と犬一匹

2.理想郷を求めて

3.Unity

4.外圧と成長

5.遊撃部隊、結成

6.死の大地に生きるモノ

7.酸の雨の街

8.Slave Farm襲撃

9.歴史

10.聖なる国

【番外編】貴族の狩り、慈悲深いサムライ

11.宣戦布告

12.オクランズシールド攻略

13.ナルコの誘惑 

14.リバース解放

15.神聖皇帝フェニックス 

16.帰還

17.スケルトンの冒険者バーン

18.メガラプターとの戦い

19.ハイブのビープ

20.シェクの女王エサタ

21.ハイブの女王  

22.予期せぬ敵対

23.ホーリーネーションの残党

24.先制攻撃 

25.ヘング襲撃

26.賽は投げられた 

27.防御陣地の構築

28.南東へ

29.伝道師

30.歴史は繰り返す

31.戦う理由

32.砂漠の海 

33.落日の帝国

【番外編その2】ビープ商会の野望

34.俺たちはまた、旅に出る

35.人の皮を被った悪魔

36.帝国の残影と新たなる脅威 2019/1/20 new!!

 

その他のゲームについて書いているもの

エースコンバット7「EMLの使い方」

そのほかTwitterでしょうもないことをつぶやいています。

エースコンバット7「EMLの使い方」

この記事ではエースコンバット7のオンライン対戦で非常に強力な特殊兵装「EML」の使い方をご紹介します。こんなにロマンがあって強い兵器は無いので、この記事を通じて愛好家が増えたら嬉しく思います。

 

 

Ⅰ.EMLとは

EML(Electron Magnetic Lancher)とは、ざっくり言うとレールガンのこと。

 

 

 

無誘導の弾頭を高速で打ち出す兵器のことですね。米軍では1980年代の「スターウォーズ計画」で多額の研究資金を得て、急速に研究が進んだそうですね。

エースコンバット7においては、限られた機体の特殊兵装の一つとして登場します。筆者がオススメする機体は断然Su-27フランカーです。

 

 

運動能力が高いですし、何よりかっこいい。レナはフランカーに乗れていいよなと言ったエーリッヒ君に共感した筆者としては、ずっと憧れの機体だったりするんです。黄色中隊のSu-37も好きだけど、やっぱりこっちですよね。

 

Ⅱ.エースコンバット7における有用性

筆者が考えるEMLの強みは以下の5点です。

  1. 威力が高く一撃で相手を倒せる
  2. ロックオン式ではないので相手に悟られない
  3. 射程が長く遠距離から一方的に攻撃できる
  4. 弾数が豊富であり弾切れを気にせずに打てる
  5. 対地対空どちらでも使えるので、ミッション攻略にも有用

これを踏まえた上で、実際の運用法を見ていきましょう。

 

Ⅲ.遠距離からの開幕狙撃

EMLは射程が10,000と非常に長く、かつ相手はそれで狙われていることにまったく気付きません。ですので、オンライン開幕時お互いが向かい合って接近しているときに、同じ高度で狙えば、それなりの確率で直撃させることができます。

当てられた側からすれば「何をされたかわからないけど落ちた」という驚きを覚えるに違いありません(経験者は語る)

 

Ⅳ.ドッグファイト

まずは相手のケツを追いかけましょう。その時は十分に減速することも大事ですが、R2とL2を同時押しすると、なぜかすごいスピードで旋回することができます。

 

EMLを打ちたくなる気持ちをぐっとこらえて、距離500前後まで間合いをつめます。そこまでつめた上で円に敵機を重ねられたこちらのもの。一発ぶち込めば相手は堕ちるでしょう。

 

初めてこの武器を使う人は「誘導式じゃないしこんなのあたるの?」と思うかもしれません。しかし、意外とそれがあたるんですよ。距離をかなり縮めて打てば、ざっくりEMLの円に相手が入っているなら大抵あたります。一撃でばったばったと敵を打ち落とせたときなんか、とても快感ですよ。

 

もしあなたが隠密行動したいと思うなら、追いかける間は常時EMLに切り替えておけば、相手に接近を悟られないでしょう。筆者の場合、EMLの初撃をはずした瞬間、兵装をミサイルに切り替えて攻撃しています。

 

あと、あまり1つの敵を追いかけすぎないほうがよいかもしれません。機動力のある相手には勿論当たりにくいので、当てやすそうな動きの相手を探すほうが、スコア向上にはいいかもしれません。

 

Ⅴ.パーツについて

資金に余裕のある人は、機体ツリーでEML強化パーツを入手しましょう。一番下のツリーを見ると、EMLの命中率、攻撃力、そして射程拡大が出来る装備が並んでいますね。

ちなみにフランカーを使えば、EML関連の各種強化パーツを付けても、なんとコスト2,000ちょうどで運用できます。これは使わない手は無い。

 

Ⅵ.最後に

筆者が考えるEML運用法を列挙しましたが、人によって運用法に差があるのは当然だと思います。ぜひ皆さんも自分に合う使い方を探してみてくださいね。

そして空でお会いするときはぜひ味方チームになってください 笑

読んでいただきありがとうございました。