君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

Stellarisプレイ日記Ⅴ最終話「地球再興」

前回はこちら

 

2つの没落帝国を滅ぼした今、Pirglim達の敵はKhemplarしかなかった。

f:id:Mestral:20180127132710j:plain

そしてその8年後、我がほうより宣戦布告し、最後の戦いがはじまった。f:id:Mestral:20180127134913j:plain

「ちょうどいい、お前達の国をどう管理しようか検討していたところだったのだ」

f:id:Mestral:20180127135359j:plain

両軍はNajaga星系で合間見えることとなった。

f:id:Mestral:20180127135640j:plain

Khemplarの235Kに対し、我がほうは187K。

敵は勝利を確信していたに違いない。

f:id:Mestral:20180127135826j:plain

しかし、我がほうは一歩も引く意志はなかった。

f:id:Mestral:20180127135918j:plain

宇宙史上例を見ないほど高密度なエネルギー粒子が両軍の間を行き来する。

f:id:Mestral:20180127140012j:plain

f:id:Mestral:20180127140241j:plain

そしてついに我がほうの艦隊は決断した。このまま長距離で打ち合っていてもラチがあかない。近距離戦で決着を付けようと。

f:id:Mestral:20180127140404j:plain

至近距離から放たれるタキオンランスの威力はすさまじかった。

捨て身の覚悟で敵の懐に飛び込んだわが艦隊は、敵を徹底的に殲滅していく。

f:id:Mestral:20180127140542j:plain

2372年12月、ついに戦いは終わった。

我がほうの勝利である。

f:id:Mestral:20180127140719j:plain

余勢を駆って敵の本拠地であるJasmak星系に突入する。

f:id:Mestral:20180127140959j:plain

強固な防衛陣地を築いているものの、艦隊がなければもはや無用の長物である。

f:id:Mestral:20180127140853j:plain

 

f:id:Mestral:20180127141112j:plain

彼らの首都は我々の手の内に落ちた。

f:id:Mestral:20180127141240j:plain

その後何度かの掃討戦の末、ついに我が帝国はKhemplar達を屈服させることが出来た。

f:id:Mestral:20180127141426j:plain

f:id:Mestral:20180127141538j:plain

「戦争は終わった。我々の敗北だ」

あれほど高圧的だった彼らは、よほど自信を失ったのか潔く敗北を認めた。

 

f:id:Mestral:20180127141725j:plain

「古代の先駆者だったKhemplar Enforcersは敵の手によってついに終焉を迎えた。偉大な帝国滅亡は、宇宙社会にどのような影響をもたらすのだろうか」

f:id:Mestral:20180127142046j:plain

この戦争の後、Ugarlak達が我々に従属したことで、宇宙の大半は我が領土となった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この銀河に敵がいなくなった我々にとって、最後に残されたのは地球の再興という任務だった。それももう、果たされつつある。

f:id:Mestral:20180127143756j:plain

かつて死の惑星と呼ばれた地球は、Pirglim達の聖域として復活したのだ。

その星では、被支配層の人民が過酷な労働に従事している。はたして人民達は幸せなのだろうか。Pirglim達の郷愁しか存在しないこの惑星に、人民達が価値を見出せることはおそらくなかっただろう。

f:id:Mestral:20180127143911j:plain

 

こうして、宇宙はPirglim Fathersの旗の下に統一された。

帝国の勢いは衰えを見せず、永遠に輝き続けるように見える。

しかし、宇宙の歴史を紐解くと、永遠に続く国家など存在しないのは明らかである。

今まで彼らが倒してきた没落帝国も、昔は栄華を誇っていたのだから。

 

被支配層の人民達の間には、鬱屈した感情がたまりつつある。

それが爆発するとき、また新たな宇宙史が始まるのだろう。

しかし、現在の我々には知る由もないことである。

 

今はPirglim達によってもたらされた宇宙の安定を享受するほかないのだ。

 

Stellarisプレイ日記V 完