君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

Kenshiプレイ日記7「酸の雨の街」

前回はこちら

 

雷は容赦なく大地を削り取っていく。

酸の雨が降り止むことはない。

f:id:Mestral:20180430161910j:plain

f:id:Mestral:20180430162741j:plain

 

荒れ果てた大地をさまよううちに、Storkは街を見つけた。

f:id:Mestral:20180430162816j:plain

 

どうやらスケルトンだけで生活をしているらしい。

f:id:Mestral:20180430162937j:plain

 

武器や防具を売っているような店はなかった。

おそらく、訪問者が来ることなど想定していないのだろう。

f:id:Mestral:20180430163047j:plain

 

 かろうじてバーが一軒だけあったので、覗いてみることにする。

f:id:Mestral:20180430163237j:plain

バーのマスターに声をかけてみる。

 

「何か人間向けのものはあるか」

 

ケルトンは首を横にふった。

様々な機械油が店のカウンターに並んでいる。これが彼らにとっての食事になるのかもしれない。

 

「残念ながら、君が食べられそうなものは何もない。代わりにこの場所について教えてあげよう」

f:id:Mestral:20180430171627j:plain

「まあ、教えるべきことなんて少ないがね。我々は、外の生命が無秩序に育ったあと、ここに移り住んできたんだ。何百年も前だから、もうこの街に来る前の記憶を忘れてしまったんだ。ただ一つ確信できるのは、当時に比べてここが安全だということだろう。酸でさびることもないし、紛争地帯からも遠いしな」

 

f:id:Mestral:20180430171659j:plain

「我々の孤立主義における唯一の欠点は、職業がないことぐらいだろう。じっとしていることは、体や精神に悪影響を与えるからね」

 

どうやら彼らは何千年も前からここで暮らしているらしい。しかし、何も変わらず何も刺激がない生活など、死んでいる事と同じではないかとStorkは思った。

とても、彼らの前では口に出来ないが。

 

端っこの席に座っているスケルトンにも話しかけてみる。

f:id:Mestral:20180430163342j:plain

 「また別の人間か。君は百万人目だよ。君達は数百年後に一つに融合するんだ。それか何千年後かな。本を読むように君達のことがわかるよ」

 

f:id:Mestral:20180430195402j:plain

「なんとも愚鈍だ。愚鈍な者がこの死んだ街で希望なくさまよい、他の連中はこの病的な宴会の中、壊れた歯車や足についてぺちゃくちゃ喋ってすごすのさ。はあ」

「この街を離れて楽しく過ごしたいんじゃないか?」

 

f:id:Mestral:20180430195436j:plain

「一度試してみたことはあるんだ。外の世界は面白そうだったけど、遠すぎたから引き返してきたのさ。人殺しは巷にあふれていると聞くし、なんたってあれだ、食人だ。恐ろしすぎる」

「生きるために夢を持ってはどうだ」

 

f:id:Mestral:20180430195457j:plain

「私も夢を持っていたが、どれも良い結末になっていない。夢とはばかげたものだ、君にもお勧めしないよ」

「一緒に働いてみないか。きっと充実した毎日をおくれるぞ」

 

f:id:Mestral:20180430195520j:plain

「わかった、一緒に行こう」

こうして、新たな仲間が一人加わった。

 

雨は一向にやむ気配がない。

今日は疲れたしベッドを借りて休むことにしよう。

f:id:Mestral:20180430195713j:plain

f:id:Mestral:20180430195808j:plain

 

帰り道でも不思議な風景を見かけた。

f:id:Mestral:20180430195905j:plain

これが一体なんだったのか検討がまったくつかないが、おどろおどろしい見た目から、作られた理由は何となくわかった気がした。

 

f:id:Mestral:20180430195937j:plain

 

朽ち果てた建造物の間を抜けて、

f:id:Mestral:20180430200058j:plain

 

 酸の川のそばを横切り、

f:id:Mestral:20180430200139j:plain

 

Dust Banditたちをトレインしながら、 

f:id:Mestral:20180430200229j:plain

f:id:Mestral:20180430200259j:plain

 

ようやくUnityに帰ってくることが出来た。

 

f:id:Mestral:20180430162400j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Storkが街に戻ってきてから、俺達は話し合った。

古代のアーティファクトのお陰で、軍事力は相当強まってきた我々の次の目標は「近隣の奴隷解放」となった。

Slave TraderやSlave Hunter、そしてManhunterの拠点を見つけ、これを撃滅する。

 

最終目標はHengの南にあるStone Campだ。

f:id:Mestral:20180430201153j:plain

 

念入りに準備をした後、Storkを隊長にした遊撃部隊は出発した。

つづく。

 

次回はこちら。