君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

Kenshiプレイ日記1「男と犬一匹」

もともとはMalkoは隊商の長の名前だった。

f:id:Mestral:20180329232326j:plain

このクソ貯めのような世界で、彼は清廉潔白な人物だった。彼がいなければ、俺は奴隷に売られるか、カニバルどもの餌食になっていたかもしれない。

 

ちょうどいま、彼の亡骸を埋葬したところである。

f:id:Mestral:20180329232303j:plain

今日ここから、俺は一人で生きていかなければならない。いや、正確には一匹のボーンドッグも一緒だ。

 

f:id:Mestral:20180329230816p:plain

 

道中、さまざな争いを目にした。人さらいや奴隷狩り、反乱奴隷、狂信者など、自身の信条や私利私欲に突き動かされ、彼らは互いに血を流す。

f:id:Mestral:20180329225013j:plain

 

何とか彼らの目を避け、近くの町を目指す。

しかし、天は俺に味方しなかったようだ。

砂漠のど真ん中で、反乱農奴たちに見つかってしまった。

f:id:Mestral:20180329225155j:plain

f:id:Mestral:20180329225306j:plain

抵抗する間もなく、俺は砂の上で打ちのめされた。

暇を持て余した農奴たちは、次のターゲットを野生動物に移していた。

f:id:Mestral:20180329225503j:plain

奴らがどこかに去ってから、死んだふりをやめた俺達は、野生動物に群がる。

 

f:id:Mestral:20180329225703j:plain

あまりに惨めだが、こんな境遇にはもう慣れている。

痛む傷口をさすりながら、まずい肉を作業のように胃に流し込んでいく。

本当にまずい。砂でも食ってるほうがマシな味だけど仕方ない。

 

再び立ち上がった俺は、ようやく町の外壁までたどり着いた。

だが旅の疲れからか、町を目の前にしてまた倒れこんでしまった。

f:id:Mestral:20180329230031j:plain

 

一人の男が俺の体を持ち上げる。

そう、やつは奴隷商人だ。今この瞬間から、俺はやつの奴隷となった。

f:id:Mestral:20180329230154j:plain

 

足かせをはめられ、奴隷の牢屋へと運ばれていく。

f:id:Mestral:20180329230303j:plain

 

牢屋にぶち込まれると思ったその時、不可解な事がおこった。

奴隷商人は俺を牢屋の外に放置したのだ。

f:id:Mestral:20180329230611j:plain

 

こんなチャンスもう訪れるはずはない。

必死に足かせをはずす。

f:id:Mestral:20180329232824j:plain

 

やった!とれたぞ!!

f:id:Mestral:20180329232841j:plain

 

町を警備するサムライたちをトレインしながら必死に砂漠を走る。何も悪いことしてないのに奴隷にされるなんてごめんだ。

f:id:Mestral:20180329233006j:plain

 

何とか逃げ切ることができたけど、状況は悪くなる一方。

f:id:Mestral:20180329233159j:plain

さて、どうしよう。メシもないしカネもないし地位も名誉もない。町に行ったらまた捕まって奴隷になる未来しか見えないし、こんなところで飯食えるほどこの世界は甘くない。

 

前より悪い状況でまた砂漠の真ん中に戻ってきてしまった俺は、ただ呆然と立ち尽くすほかなかった。

 

つづく