君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

Kenshiプレイ日記番外編その2「ビープ商会の野望」

前回はこちら

帝国との戦いが終わり、平凡な日常が戻っていたある日のこと。

 

「ビープ」

見張り塔の上から、ビープはユニティの街をずっと見つめている。

f:id:Mestral:20181205164945j:plain

 

トークが不思議に思って話しかける。

「どうしたビープ?何か変なものが見えるか?」

f:id:Mestral:20181205165112p:plain

 「ぼくは さいきょうの しょうにん に なる!」

 

「ん、商人だって?」

思わずハープーンを持つ手が緩んだ。

 

「ビープは けんしとしては それなりに 強くなった!」

そういってビープはデザートサーベルの柄を撫でる。たしかにこの戦いの中で、このハイブの戦闘スキルはかなり上昇したはずだ。ストークも、久々に拠点に戻ってきたビープをみて、以前と体つきが変わったのはわかっていた。

 

「だから つぎは しょうばいを はじめる!」

 

やれやれ、また何か変なものでも食べたのかとストークも呆れ顔である。

しかし、どのような理由があるにせよ、商売を始めるのは悪いことではない。帝国との戦争も終わり、久々に平和な時を過ごしているユニティにとって、産業の育成に対する優先順位は上がっているようにストークも思う。

 

「やすく しいれて たかく うる!かんたんだ!!」

 

「・・・そうだなビープ。でも勝手にやればマルコやバーンに怒られるぞ。俺から話をしてあげるから、ちょっと待っていなさい」

 

 

f:id:Mestral:20181205191212j:plain

「そうか、ビープは商売を始めたいと。何か悪いものでも食ったんじゃないか」

パンをかじりながらマルコはつぶやく。

 

「とてもビープに商売の才能があるようには見えませんな」

普段感情を見せないバーンも、この時ばかりはあきれた声を出す。

 

二人の反応をある程度予想していたストークは言う。

「確かにビープ一人ではつとまりますまい。しかし、戦争が終わったいま、ユニティが商売を始める良いチャンスじゃないかと」

 

「実は前から気になっていた事があるんだ」

マルコが険しい表情で言う。

「どうも奴隷農園が無くなってから、食糧の供給に問題があるように感じる。現にヘングの住民は皆、腹を空かせている。我々が儲けを得るのも大事だが、皆に食料がいきわたるようにするのも、戦争の勝者である我々の義務かもしれない」

 

トークが言う。

「なるほど、マルコ。このユニティの食糧生産力を上げて、余剰の食料をヘングで売ればいい」

 

黙って話を聞いていたバーンも口を開く。

「そうであれば、古代の水耕栽培という技術を復活させれば良いと思う。屋内で作物を栽培できるから、天候に左右されないし、安定した供給が出来るだろう」

 

マルコは二人の発言に大きく頷いたあと、こう言った。

f:id:Mestral:20181205191256j:plain

「その間に店の準備をしよう。確かトレイダーズエッジに物件が一つあったはずだ。そこを買い取って店にしよう。買い物だけではなくて、奥にバーを併設しておけば、きっと皆が入りやすい店になる。すぐ計画をビープに伝えてやろう」

 

早速、計画に基づいて彼らは動き始める。

トレイダーズエッジに赴いたマルコ、バーン、ビープの3人は、街を治める反奴隷主義者から建物を購入した。

 

ユニティから持ってきた資材を使って、建物を再建する。

f:id:Mestral:20181205182907j:plain

f:id:Mestral:20181205182933j:plain

 

がらんとしたこの部屋に、家具を置いていく。

f:id:Mestral:20181205183007j:plain

f:id:Mestral:20181205183053j:plain

 

椅子を作りながらバーンは言う。

「良い店というものは、食べ物の品質は勿論、やはり居心地が良くないといけない。ワシも南を冒険したときに、シャークにあるダンシングスケルトンという店をよく覗いたものだよ。もっとも、スケルトンにサケやツマミといったものは要らないがな」

 

「ちょっと ごみごみしたほうが いいかも!」

f:id:Mestral:20181205183125j:plain

 

その頃ユニティでは、ストークの指揮の下、水耕栽培がスタートしていた。

バーンの言うとおり、電気がしっかりと供給されていれば、安定して作物を育てられている。今は小麦しか作れないものの、今後研究を重ねて稲などの他の作物も作っていくつもりだ。

f:id:Mestral:20181205184326j:plain

 

こうしてトレイダーズエッジにユニティの店が完成した。

店の名前を決めるのに少々揉めたものの、発案者のビープの名前をとって、店は「ビープ商会トレイダーズエッジ店」と名づけられた。

 

「へい やすいよ やすいよ!」

「ユニティ めいさんの サボテンスティック だよ!」

「じゅくれんの しょくにんが てしおにかけて せいさんしているから きっと おいしいよ!」

f:id:Mestral:20181205185112j:plain

 

ビープの声につられたのか、早速お客さんが入ってきた。

「やせいの スキマーの にくだよ!」

「じかびで ゆっくり やいたよ! おさけの おともに どうぞ!」

f:id:Mestral:20181205185200j:plain

 

何も買わずに出て行ってしまった。

f:id:Mestral:20181205185513j:plain

 

「つまみぐい ばれないかな」

「はらがへっては いくさは できぬ!」

ばれないように干し肉を食べるビープをみて、バーンは少しほほえましかったものの、果たしてこれが商売として成り立つか心配になってきた。

f:id:Mestral:20181205185545j:plain

 

「ビープ、立ちっぱなしでは辛くないか。座ってお客さんが来るのを待っていよう」

バーンが作ってくれた椅子に座り、ビープは健気に客に話しかける。

しかし、一向にモノが売れない。

f:id:Mestral:20181205190317j:plain

 

「ここまで流行らない店もめずらしいな・・・」

思わず警備員もつぶやく。

f:id:Mestral:20181205190419j:plain

 

「何かこう、人が来たくなるような何かが必要だ」

マルコも心配になって知恵を絞る。

 

(例えば、あの大陸一の有名人に接客してもらうのはどうだろう...)

 

「覚えておけ!お前は必ず後悔するぞ!」

f:id:Mestral:20181205190821p:plain

 

「覚えておけ!お前は必ず後悔するぞ!」

f:id:Mestral:20181205190932j:plain

 (考えてみたけどやはりだめだ。あの狂った皇帝がちゃんと店番をするように思えない。ひたすら客に喧嘩を売るスタイルの店なんて、大陸広しといえどそうないだろう。それに、恨みをもった輩が沢山押し寄せて暴れるかもしれない。やめておこう)

 

さて、どうしたものか。

 

バーンがつぶやく。

「しばらく無人の店で運営してみないか。その昔、東のほうにあった国の話だと、田舎の畑のあぜ道には時々新鮮な野菜が並んでいて、気に入ったものがあればオケにお金を入れて持って帰ったそうだ」

 

マルコも頷く。

「バーンの言うとおりだな。反奴隷主義者の警備員も立っていてくれるし、安心して任せられるよ」

 

「ビープ」

どことなく不満げにビープはつぶやく。

 

諭すようにマルコが言う。

「それならビープ、珍しい商品を仕入れに旅に出ないか。南東の方角はまだ訪ねた事が無い場所も沢山あるし、ヘングの住民が欲しがるものが見つかるかもしれないぞ」

 

「わかった マルコ。たびする しょうにんも わるくないね」

f:id:Mestral:20181205192703j:plain

こうしてビープ商会トレイダーズエッジ店は、しばらくの間無人で運営されることになった。前途多難なビープ商会に明日はあるのだろうか・・・。

 

つづく