読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

「Stellarisプレイ日記⑥」戦後処理と没落帝国との出会い

前回はこちら

 

f:id:Mestral:20160626101002j:plain

f:id:Mestral:20160528124704p:plain

陛下、外交筋からの情報によると、ペトル=プ連邦は解体に向かっています。

創始者のドマンナが抜けたことが引き金となり、ライライトやクロールなど一定の力を持った国々も連邦を去り、もはや所属国はアルヴォザリだけとなりました。

f:id:Mestral:20160626101449j:plain

f:id:Mestral:20160616174546p:plain

一部のアルヴォザリ人の決定で戦争に突き進んだのが、各国とも不満だったに違いない。それに、我が帝国に対抗できない連邦など、各国とも主権を放棄して維持する理由はない。まあ、こうなることは当たり前だろう。

(筆者注ーこのタイミングでアシモフ1.2パッチを導入しています。アシモフでは外交面で大幅な調整がされた結果、同盟や連邦の形成が難しくなっており、このように一気に解体が進んだものと推測します)

f:id:Mestral:20160528124704p:plain

逆にこうなってしまえば我が帝国は楽ですね。さらに旧連邦諸国はお互いに反目しあっており、いつ戦端がきられるがわからない状況です。

まあ7年も戦争をしていた上、我が帝国に艦隊をほぼ根こそぎ破壊されていますから、すぐに戦いは起きないでしょうが。

我々としては領土を切り取っていくチャンスを得たわけです。

f:id:Mestral:20160616174546p:plain

まずは目の前のアンオンジを倒すことが先決だな。その後、ひとつひとつ順番に併合していこうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:Mestral:20160626105052j:plain

イロリア星系の戦いは、我がほうの戦艦が長距離砲を発射したところから始まった。

f:id:Mestral:20160626103002j:plain

敵は士気が低いのか、劣勢とみるやすぐに離脱していく。ここで敵艦隊の半数以上を叩いたことで、戦争の行方は決まった。

f:id:Mestral:20160626103109j:plain

バクトゥリム星系の戦い。

離脱した敵をバクトリア人の母星で追い詰める。手負いの彼らに我らの精鋭の相手が務まるはずはなかった。

f:id:Mestral:20160626103019j:plain

余勢を駆ってアンオンジの首都を占領。

f:id:Mestral:20160616174546p:plain

ペトル=プ星系の戦いの頃に宣戦布告されていれば、我が帝国もどうなっていたかわからないだろう。我が帝国が手負いの獲物に見えたのだろうが、時勢の見極めが駄目だったな。そちらから仕掛けた戦争だ、責任はきっちりと取ってもらおう。

f:id:Mestral:20160626103846j:plain

戦争は終結。彼らは首都を奪われ、屈辱的な講和にサインした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後も旧連邦諸国に対し、我が帝国は戦争を仕掛ける。

カジートにとって、連邦に突如宣戦布告されたことは、「自衛戦争」への意識を芽生えさせる結果となったのだ。

 

f:id:Mestral:20160626104729j:plain

まずは、連邦戦争のきっかけをつくったアルヴォザリを滅ぼす。

帝国はその版図を広げ、今まで手の届かなかった空域に手を伸ばしつつあった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:Mestral:20160528124704p:plain

陛下、占領地から派遣した調査船から不穏な知らせが入りました。

f:id:Mestral:20160626105811j:plain

「哀れな生き物よ。我々はお前たちのような呆けた種族が飛行技術を得る前から、この星を所有していた。また薄汚い船を我々のもとに送るつもりなら、二度と帰ってこないと覚えておけ。」

f:id:Mestral:20160528124704p:plain

この銀河のどこかに存在するとされる「没落帝国」のひとつでしょう。自らをヤロンと呼んでいます。非常に強力な武器を持っていることに加え、孤立主義者の彼らは、緩衝として我々の開発した惑星群の即時放棄を要求するでしょう。

f:id:Mestral:20160626105527j:plain

f:id:Mestral:20160616174546p:plain

ここまで言われた以上、我がほうも引き下がるわけにはいくまい。全戦力を集めろ。銀河の安定のためにはこのような国家は取り除かなければならぬ。

まずは礼を尽くし、侮辱には侮辱で返すことにしよう。やつらにこのメッセージを送っておいてくれ。

f:id:Mestral:20160626110632j:plain

「こんなに広い宇宙だ、ヤロン帝国より無価値な国はおそらく存在するだろう。まあ、まだ我々はそんな国に出会ったことはないがな」

f:id:Mestral:20160528124704p:plain

よろしいのですか陛下、火に油を注いでしまって。

f:id:Mestral:20160616174546p:plain

おそらくプライドだけが高い民族だ。礼賛しようが侮辱しようが、彼らの態度はもはや変わらない。冷静さを失わせれば、我がほうに有利に働くこともあるだろう。

やつらより先に宣戦布告してやろう。要求を送りつけてやれ。

f:id:Mestral:20160626111736j:plain

「お前たちは宇宙に漂う無価値な雑草でしかない。庭掃除する時間だ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旧連邦諸国を併合していく中で、没落帝国に出会ったエルスウェア帝国。

そんな中エルスウェア帝国から、彼らに宣戦布告しました。

さて、この戦いはどのような経過をたどるのでしょうか。

 

次回に続きます。