君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

Kenshiプレイ日記2「理想郷を求めて」

前回はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

荒野の真ん中で立ち尽くしていたおれの前に、

放浪者が一人、歩いていた。

f:id:Mestral:20180401191338j:plain

ハイブか。

やつには申し訳ないが、生きていくためだ。その武器をよこしてもらおう。

f:id:Mestral:20180401191733j:plain

f:id:Mestral:20180401191944j:plain

犬君の加勢もあり、どうにかやつを倒して身包みはがすことができた。

f:id:Mestral:20180401192031j:plain

その時俺はふっと冷静になってしまった。

何の罪もないハイブを一人殺して、つまらない棒を一つ手に入れた。

傷は痛むし、太陽と砂嵐は俺の体力よりも気力を奪っていく。

囚われの身から逃れたものの、状況は一向に好転しない。

この先どうしろというんだ、俺に。

 

なかば絶望しながらさまよっていたその時、一人の女を見かけた。

風貌からして脱走奴隷だろう。

彼女は俺に気付き、怯えた表情を浮かべる。

俺は近づき優しく声をかけた。

「心配するな、大丈夫だ。俺も君と同じ脱走奴隷の一人だ」

f:id:Mestral:20180401192225j:plain

「あなたも脱走奴隷なの?ここは奴隷商人や帝国のスパイが多すぎて誰も信頼できないわ・・・」

「そうだな。しかし、この荒野で君一人で生きていく必要はない。俺と一緒に来ないか」

「ええ、わかったわ。はやくこの地獄から出ましょう」

f:id:Mestral:20180401192858j:plain

こうして、Littleという女が旅路に加わった。

だが依然として俺達の難しい状況は変わらない。

二人とも町に入れない以上、どうやって食べ物を調達するかが問題となった。

f:id:Mestral:20180401193301j:plain

隊商を見つけては、二人で採掘した銅を売って食料に換えた。

f:id:Mestral:20180401193423j:plain

ちょうどHengのそばに鉱物が良く取れる場所があった。

しかも町のサムライが警備巡回していて、反乱農奴たちも近くに寄ってこない。

 

来る日も来る日も採掘を続けたある日、奴隷としての俺はついに世間から忘れ去られ、堂々とHengの町に入れるようになった。

町に入れるようになったら、俺には決めていることがあった。

 

採掘した銅を、Hengの町で建築資材に換えるということだ。

 

銅を採掘しながらLittleとずっと話していたんだ。

「俺達の理想郷を作ろう」と。

 

俺達のように、世間から見放された者たちがやり直せる町。

そして人さらいや奴隷商人達に怯えずに済む、強固な町。

f:id:Mestral:20180401194153j:plain

それを二人と犬一匹で、この荒地に作る。

f:id:Mestral:20180401194513j:plain

ここは水資源には乏しいが、質の高い銅と鉄の鉱山がある。

しかも交易路から少し離れているため、反乱農奴や奴隷商人といった脅威から見つかる可能性は低い。

また、背後には小高い丘がそびえている。

f:id:Mestral:20180401194837j:plain

丘から周囲の偵察をすることも出来るし、丘に沿って防壁を建てることも出来るだろう。

俺達はここに、小屋を一つ建てる事にした。

f:id:Mestral:20180401195051j:plain

この小屋に研究台を設置し、建物の研究を積極的に行っていく。

また、金がないので鉱山で銅を採掘する。

f:id:Mestral:20180401195428j:plain

Littleもついに奴隷と認識されなくなったので、Hengの町に出て銅を売ってきてもらう。

f:id:Mestral:20180401195443j:plain

しばらくして、石の採掘場と加工場を建設した。

この設備を使えば、建築資材を自分達の手で手に入れることが出来る。

そして、さらに大きな家も作れるようになった。

f:id:Mestral:20180401195619j:plain

だが最近、俺達が目立つようになったからか、物騒な訪問客が目立つようになってきた。

やはり安心して作業をするには壁を作らなければならぬ。

f:id:Mestral:20180401195837j:plain

f:id:Mestral:20180401195951j:plain

せめて目立たないようにだけと、ありあわせのもので壁を作った。

f:id:Mestral:20180401200019j:plain

昼夜問わず一心不乱に働いた結果、ついに家の資材がそろった。

f:id:Mestral:20180401200221j:plain

少しずつ家が形になっていく。

f:id:Mestral:20180401200319j:plain

そして、ついに初めての家がこの町に建った!

f:id:Mestral:20180401200500j:plain

少しマトモな装備を手に入れる事が出来たので、次は資金と資材を求めて放浪出る。

また、仲間のリクルートも目的の一つだ。これ以上俺達二人で町を大きくしていくのには限界がある。

昔の俺達のように困っている人がいたら積極的に助けようぜ、Little。

f:id:Mestral:20180401201318j:plain

二人と一匹は、つるはしを武器に持ち替えて旅に出た。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めての仲間と、初めての家を手に入れたMalko

理想郷建設への道はまだまだ遠い。

次はどのような運命が彼らに待ち受けているのだろうか。

 

つづく