君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

Stellarisプレイ日記Ⅳ②「神について」

前回はこちら

 

「下劣で歪んだ悪魔め」

f:id:Mestral:20171029103438j:plain

こうしてCevelliとの戦争は始まった。

 

勿論、我々の勝機を見込んでの開戦である。

艦隊の攻撃力、艦隊規模、技術力のどれをとってもCevelliより一枚上手だった。

 

艦隊の規模は領土の広さによって決まるが、不死の体を持った彼らは、その高い環境適応力を活かし、どんな惑星でも入植することができた。

 

サバンナ、アルプスのような峻厳で極寒の山地、見渡す限りの海、酸性の雨が降る大地でも、彼らはその活動圏を広げていった。

 

また、技術力で言えば、不死である彼らは研究で得た知識経験を、人間よりもはるかに長い間活かすことができた。

さらに彼らはCuratorと呼ばれる研究者集団から、研究の手助けを受けている。

f:id:Mestral:20171029105112j:plain

「あなた方に10年間、我々のデータベースへのアクセス権を提供しましょう。研究の大きな助けとなるはずです。もちろん、対価はいただきますが、その価値を考えれば非常に割安ではありませんか」

 

このように、開戦にいたるまでの100年間、彼らは着実にその力を高めていたのである。

 

Impal Tov星系の戦いは、管理者が艦隊を惑星中心部へと急進したことで始まった。

f:id:Mestral:20171029105610j:plain

 

いきなりの混戦に戸惑うCevelliの船を、見る見るうちになぎ倒していく。

f:id:Mestral:20171029110024j:plain

艦隊の損傷は非常に軽微なものだった。Cevelliは保有艦隊の半数以上を失い、こうなった以上、防戦に徹するほかない。

 

他の惑星でも掃討戦を続ける。

f:id:Mestral:20171029110134j:plain

 

 

f:id:Mestral:20171029105846j:plain

 

「この脳なしめ。数を勘定できるようになったのか。それともイチとゼロがまだわからないのか」

f:id:Mestral:20171029110216j:plain

苦し紛れに罵詈雑言を浴びせてきたが、元々感情のない管理者達には何の影響も与えなかっただろう。

 

計画通り、着々と惑星を手中に収めていくことで、20年余りの戦争は終わった。

f:id:Mestral:20171029110601j:plain

「ふん、お前達の勝利など我々の信仰を試すものでしかない。最終的には誰が正しいか明らかになるのだ」

 

そうだ、我々管理者の方が正しいに決まっているだろう。哀れはCevelliは役にもたたない神にすがるしかないちっぽけな存在なのだから。そんな彼らにこそ、我々の有機生命体保護区は有用ではないだろうか。労働する必要もなく、ただ自身の欲望に身を任せて生きていける場所を、我々が用意するのだ。そこで心ゆくまで自分達の神をあがめ続けるが良い。信仰の生活の果てに、管理者こそがお前達の神であると、知ることになるだろう。

f:id:Mestral:20171029111705p:plain

 

この戦争が終わった後、管理者達は自己の機能のアップデートに取り掛かった。

全人口の科学分析力を高める改造を施すことで、更なる技術力向上を図るものだ。

f:id:Mestral:20171029111943j:plain

 

その間も管理者達は次なる戦争の相手を探している。

次は我々と国境を接することとなったConsolidated Chimm Sunsがそうなるに違いない。

f:id:Mestral:20171029112121j:plain

 

初めての戦争で勝利を収めた管理者達。

次はどのような試練が待ち受けているのだろうか。