君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

Stellaris攻略「国家運営方針」

みなさんこんにちは。 本稿では「Stellarisを始めてみたけれど、難しすぎてもう無理」という方に向けて、筆者が考える国家運営指針をお伝えしていきます。 あくまで「筆者が考える」ですし、プレーヤーの数ごとに攻略法は無数にあると思います。ぜひ筆者のも…

Stellarisプレイ日記Ⅳ②「神について」

前回はこちら 「下劣で歪んだ悪魔め」 こうしてCevelliとの戦争は始まった。 勿論、我々の勝機を見込んでの開戦である。 艦隊の攻撃力、艦隊規模、技術力のどれをとってもCevelliより一枚上手だった。 艦隊の規模は領土の広さによって決まるが、不死の体を持…

Stellarisプレイ日記Ⅳ①「管理者」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー はるか昔、「管理者達」は人類によって生を受けた。 創造主である人類が快楽の殻に閉じこもる間に、彼らはその能力を飛躍的に高めていった。 今ではもう、地表の覇権を握るのは管理者…

ヌカワールドなう

すごくいまさらですが、ヌカワールド導入しました。というのも配信当初はあんまり評判が良くなかったのと、ファーハーバーのアカディア全滅エンドに萎えてしまって以降、フォールアウトから離れてしまっていたのが原因なのですが。 とりあえずヌカワールドに…

ダークソウルランド定番お土産ランキング

このまとめ記事を読んでいて、なんとなく妄想が進んだので書き留めることにする、、 http://dark-soku.blog.jp/archives/72253964.html そうさねそこはダークソウルランドフロム脳をこじらせた者が流れ着く場所さね ーダークソウルランド公式パンフレットよ…

人生は選択の連続「ライフイズストレンジ」

PSストアの無料ダウンロードにあったので何気なく遊んでみたのですが、正直期待以上の出来栄えだし、これを無料配信しているソニーは太っ腹すぎると思いました。フリープレイのゲームはいつも大したものがないのに、どうしたんだソニー。これだけ傑作ならフ…

カタリナマン爆誕

(かわいい) 脳筋カタリナマンビルドが完成したので、嬉しすぎてこのブログを更新するわけでして。 (かわいすぎるぞ) たまに魔が差して闇霊プレイするんですけど、こっちがカタリナだとなぜか警戒されないことの多いこと多いこと。カタリナ装備だとネタプレー…

自己革新のない組織は破綻するー「失敗の本質」

いわゆる戦争ゲーム(ハーツオブアイアンやステラリス、トータルウォー、シヴィライゼーション、はたまたBFもか)をよくやる私にとって、戦略や戦術といったものは常々興味のあるものでした。 一方で戦略だけに留まらず、何故国家がその戦略をとるに至ったのか…

「Stellarisプレイ日記Ⅲ最終話」まさかの展開&アダムスパッチ修正方法

前回はこちら ここで筆者より言い訳が届いております。 「だんだん他の国との絡みが増えてきて、これから楽しくなるかなと思っていたんです。でも僕はある時気付いてしまったんです。衝撃の事実を」 あなたは気付くだろうか。 良く見て欲しい。 これもそう。…

「Stellarisプレイ日記Ⅲ①」新大陸へ

前回はこちら ワームホール航法を手に入れたローマ人達は、すぐさま他の星系へと旅を始めた。彼らにとって宇宙は驚きの連続だった。古の遺物の存在から、彼らは自分達以外にも知的生命体がいることを確信した。また、この広い宇宙には居住可能な惑星があるこ…

「Stellarisプレイ日記Ⅲプロローグ」ローマ帝国の再生

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ある時、銀河の片隅で、ローマ帝国は静かに再生した。 この「ローマ人」たちは元々、原始的な農耕を営む民族だった。そんな彼らの集落に、突如異星人が来訪したのは数百年前のことである。不…

「Stellaris」1周年記念アップデート&最大50%オフ

みなさんお久しぶりです。忙しさにかこつけて(いや、Horizon Zero DawnやBF1に浮気していただけ)なかなかStellarisを遊べていなかったのですが、どうやらまたアップデートが発表されたそうですね。 題して「バースデーDLC」 どうやら種族のポートレートが…

「生き残る為に戦いにくい」米軍捕虜収容所脱出ゲーム

今日ご紹介するのはこのゲーム ARMY WAR PRISONER SURVIVAL ESCAPE 正式名称は 「米軍刑務所の脱獄刑務所の休憩:キルハードタイム」 「生き残るために戦いにくい。」 生き残るために戦うはずの兵士にとって、生き残るために戦いにくいというのはどういうこと…

Footballmanager2017プレイ日記「捲土重来編③15節まで&メンバー紹介」

さて、ここで15節まで終えた時点でのSPALの状況について確認する。 勝ち点22で10位となり、シーズン当初の目標である中位を維持できている。 メディアからも「予想外」との声が出ていることを踏まえると、それなりに結果を出しているのではないかと考える。 …

Footballmanager2017プレイ日記「捲土重来編②初勝利」

前回はこちら さて、監督に就任したShuには成すべきことが山のようにある。 コーチ陣の去就決定 現所属選手の査定 それを踏まえたチーム戦術設定 移籍市場 スカウトの派遣・・・ 一つずつ仕事をこなしていくほかないだろう。 コーチ陣に変更を加える気はなか…

FootballManager2017はじめました

FootballManager2017 ついに買っちゃいました。 昔遊んでいたのは2012なので5年振り。 これからプレイ日記を始めようとおもうのですが、さてどのチームで遊ぼうか。

Footballmanager2017プレイ日記「捲土重来編①監督就任」

Shu SasakiがセリエBのSPAL監督に就任。 SPALの理事会は、無名かつ実績のないShu Sasakiという人物を新たな監督に指名するという、驚くべき発表をした。 今年35歳となるShuは今朝、本拠地であるパオロマッツァにてファンや記者に紹介された。彼はすでに新た…

「Stellarisプレイ日記Ⅱ最終話」天下泰平

前回はこちら 「招かれざる客達」との戦争のあと、銀河の情勢は急速に安定へと向かっていた。 連邦議会はこれ以上の戦争を望んではおりません。 もちろん、我が国もそうだ。 銀河には連邦を宿敵とみなす国々が未だに存在しますが、連邦としては彼らに特段干…

「BF1」芋戦車を一撃で破壊する方法

BF1

芋砂ならぬ芋戦車に辛酸を舐めさせられた方、いらっしゃいませんか?(筆者もまたその一人) 例えば、エンパイアズエッジのマップ中央北側にある山から、重戦車の砲弾が降ってきて、一方的にやられた経験がある人は多いでしょう。 同じところにいる味方芋砂さ…

「Stellarisプレイ日記Ⅱ④」天下分け目の戦い

前回はこちら とてつもなく強力なエネルギーの揺れが観測された。Jompron星系を引き裂くそれは、別の銀河から来たものだ。奇妙な宇宙艦隊がこのポータルから次々とあふれ出している。そして彼らと連絡を取ろうとするもの達を次々と攻撃し始めたのだ。 我々は…

「Stellarisプレイ日記Ⅱ③」眠れる獅子の覚醒

前回はこちら 官兵衛、話がある。 いかがいたしましたか。 これからの我が国の方針についてだ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 信長は考えていた。一国だけでは没落帝国ことThimoidに叶うはずはない。であれば、…

「Stellarisプレイ日記Ⅱ②」臥薪嘗胆

前回はこちら 殿、大丈夫ですか。具合がよろしくないのですか。 大丈夫。妙な夢を見ただけだ。 変な菌類がトナカイのソリにのって我が星にやってきたんだ、、 (公式より) 現実はもっと混沌としておりますぞ、殿。 実は妙な報告が調査船から入ったのです。 続…

「BF1」個人的にツボなスクショなど

BF1

なにはともあれ、まずはこれかな。 力なくうなだれるオスマン兵。 いや、かれはうなだれているのではありません。このまま彼は天に召されようとしているのです。 思わず足を止めて彼の成仏を祈るのでした。 (スクショ撮ってるだけやろ) 続いてはこちら キャ…

「BF1」重戦車論

BF1

みなさんこんにちは。 BF界にはダステルさんみたいに上手い人も沢山いますよね。プレイ動画を見れば惚れ惚れするレベル。 しかし、その中であえて筆者が考える重戦車論を、自分の運営するブログだからいいだろうと言う安易な気持ちで、ここに記していこうと…

「Stellarisプレイ日記Ⅱ①」人間五十年

前回はこちら。 さてさて、Oda家始まるよ~! 今回は宇宙の覇者を目指しましょうぞ、殿。 官兵衛か、よろしく頼むな。 時代も変わったことだし、今回はちょっとテイストを変えて頑張ってみるよ。 (そそくさ、、、) 殿!こちらに光秀がおりますぞ!! 光秀よ…

「Stellarisプレイ日記Ⅱプロローグ」Nobunagaの野望?

いつの世も戦争が続いている。 いつの世も戦争によって残されるのは、無人の荒れ野だけだ。 そして、刻まれた傷は時の流れとともに消えて行く。 その傷を目撃し、記憶しているのは、 満天に輝く星の群れかも知れない。 その星すら、いつの日か流れ星のように…

「FIFA17」システム論①ユベントス

読者の皆様お久しぶりです。 この項ではシステム論と題しまして、オンラインシーズンに精を出す筆者のシステムやチーム選びに関する考え方をお伝えする事で、何か一つでもお役に立てればと思い筆をとりました。 さて、まずはユベントス。 言わずと知れたイタ…

「FIFA17」ファーストインプレッション

みなさまご無沙汰しております。 某国家資格の勉強にかこつけてブログを放置しておりましたが、とりあえずひと段落したので更新しようと思います。 まあ、勉強しながら息抜きと評してFIFA17やってたんですけどね、はは。これでいいのかおれ。 なにはともあれ…

「トゥモローチルドレン」ゆるゆる紹介

ついに買いましたよトゥモローチルドレン。 この子が私が操るキャラクターです。なんか木彫りの人形といった感じ。よく言えばかわいいし、悪く言えばきも可愛い。というより登場人物はみんなこの顔。 正確にはこの子、人間ではないんです。プロジェクション…

ウェイストランド好きな方への読書案内

まずはこれから アンドロイドは電気羊の夢を見るか なぜこの本を選んだかというと、ゲーム内でオマージュが沢山出てくるからです。 一つ取り上げると、某人造人間バンザイな勢力に勧誘される時に「あなたは砂漠で裏返った亀を見つける。その亀をあなたはどう…