読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ゲーム僕ゲーム

ゲームに関する備忘録まとめ。ネタバレあり。

「Stellarisプレイ日記Ⅱ③」眠れる獅子の覚醒

前回はこちら

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

 官兵衛、話がある。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

いかがいたしましたか。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

これからの我が国の方針についてだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

信長は考えていた。一国だけでは没落帝国ことThimoidに叶うはずはない。であれば、連邦を組むべきであると。幸いにも我が国と同じ考えを持つ国家があった。DorbolanとKundanである。彼らは既にAuspicious Axisという連邦を組んでいた。

 

f:id:Mestral:20170109093403j:plain

また、我が国とDorbolanは長年の友好関係にある。官兵衛が使者となり、Dorbolanへ同盟への参加を打診した。

 

f:id:Mestral:20170109093524j:plain

とても良い申し出だ、親愛なるオダの皆さん。

 

f:id:Mestral:20170109093539j:plain

こうしてUnion of Oda Planetsは 「吉兆」と名付けられた連邦へと参加することとなった。

果たして名前の通りオダの未来を明るく照らすものとなれば良いが、、

 

f:id:Mestral:20170109093602j:plain

そしてオダという後ろ盾を得た連邦は、かねてから宿敵であったSek-Lokkarへと戦争を仕掛ける。

 

f:id:Mestral:20170109093643j:plain

散発的な抵抗はあったが、この銀河で有数の戦力をもつ我が連邦にかなうはずはない。

 

  

f:id:Mestral:20170109093957j:plain

f:id:Mestral:20170109012828p:plain
深追いする必要はない。あくまで敵を降伏させるのが我々の目標だ。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

光秀は良くやっています。彼に任せて正解でしたな。

 

f:id:Mestral:20170109093733j:plain

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

 Kundanより要請のあった対Gorothi戦線も順調です。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

そうか。しかし、いつまで奴らは静観を決め込むのだ。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

没落帝国のThimoidたちですな。いずれ彼らは我々に干渉してくるやもしれません。兵力を確保しておきましょう、今のうちに。

 

f:id:Mestral:20170109094020j:plain

圧倒的な戦力で銀河を平定していく我が連邦。

しかし、衝撃的な知らせが首脳部に届く。

 

 f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿、ついにこの時がきましたぞ、、。

眠れる獅子が、いま動き始めたのです。

 

f:id:Mestral:20170109094038j:plain

 

Thimoidたちは少しずつ動き始めた。彼らは我々が知る限りでは初めて、自らの国境から外に出たのだ。彼らの目的は現時点では不明だ。高度な技術を持った哨戒艦隊は、過去の戦争によって荒れ果てた死の星を調査していたようには見える。

Thimoidたちは準備しているに違いない。彼らが今の宙域に閉じこもる前に残した、調査ビーコンのデータ回収を。データを元に、彼らは宇宙の表舞台へと復帰するつもりなのだ。

艦隊は集結し、地上軍は招集され、軍需工場は息を吹き返した。彼らはその昔、「平和の維持者」として、積極的に銀河に干渉していた。

錆付いた工廠は修復され、昼夜問わず兵器を生産することで、獅子は過去の威勢を取り戻しつつある。

我々の疑問はただ一つ。「平和の維持者」が、彼らの復活を高らかに宣言するために、最初に滅ぼす相手が誰かということだ。

  

f:id:Mestral:20170109094122j:plain

オダの民よ、お前たちはこの銀河の脅威だ。平和の名の下に、お前たちは管理されなければならぬ。

 

f:id:Mestral:20170109094208j:plain

 f:id:Mestral:20170109013504p:plain

没落帝国は我が連邦に宣戦布告しました。

 

f:id:Mestral:20170109094326j:plain

  f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿、敵軍は総戦力150Kとの情報が入りました。

我がほうの、、3倍の兵力です、、、

 

f:id:Mestral:20170109094404j:plain

一方的に殺戮されるKundanの艦隊。

進んだ技術を持った彼らにかなうはずもない。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

わが本丸に敵艦隊が接近しつつあります。

その数、154Kです・・・。

 

 f:id:Mestral:20170109012313p:plain

もはやこれまでといったところか・・・。

 

タキオンランスは無情にも、Odaの艦隊を溶かしていく。

風の前の塵とは、このようなものだろう。

f:id:Mestral:20170109094531j:plain

Odaの艦隊を蹂躙したThimoidたちは、自らの遺伝子を改造して生み出した怪物、ゼノモーフ兵を惑星Hinomotoへ送り込む。 

 

f:id:Mestral:20170109094559j:plain

信長は、その手に銃を握りしめていた。

  f:id:Mestral:20170109012313p:plain

もはやこれまでか・・・。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

殿、お待ちください。その銃の玉は私が抜いておきました。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

わしが自害するのがわかっていたというのか。

 

そういって机においた銃を、光秀はさっと手に取り、玉を抜いた。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

はは、またお前に騙されたということか。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

まだ自害されることはありません。殿にはまだ果たすべき役割があるのではありますまいか。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

それは、余が戦争の責任を一身に負うことで、他の者たちに危害が及ばぬようにするということだな。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

それも考えましたが、違います。Thimoidの行動を見れば、殿の命をとることなど彼らは考えないでしょう。おそらく、彼らが提示した停戦要求さえ受け入れれば、戦前の状況まで彼らは国境を戻すかもしれません。一時的に、ではありましょうが。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

なるほどな・・・。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

殿には殿にしかできない仕事がございます。戦国時代に私が出来なかった、壮大な仕事が。Odaの民は、どんな事があっても、織田信長に導かれることを望んでいるのです。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

わかった・・・。まさかここでお前に命を救われるとは思いもしなかったな。

 

f:id:Mestral:20170109094138j:plain

光秀の予想通り、Thimoidは過激な軍事行動とは裏腹に、停戦を宣言した。

我が帝国は領土を一切侵害されずに済んだ。おそらく、ただの獅子の気まぐれであろう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

さて、誰が獅子は一人だといったのだろう。

この銀河は複雑怪奇。

すべての国のチャンネルに、正体不明の通信が届いていた。

 

f:id:Mestral:20170109094707j:plain

 

我々は餌場についた。

豊作に祈るのだ。

饗宴の始まりだ。

 

 f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿!緊急事態ですぞ!!

我が領域に正体不明の艦隊が現れました!!!

その数、300K・・・。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

辺境のJompron星系とはいえ、彼らの技術力を持ってすれば、我が首都星までたどり着くのはたやすいでしょう。

 

 f:id:Mestral:20170109012313p:plain

もはや何も驚くまい。

急ぎ我が艦隊を立て直すのだ!これは民族の存亡をかけた戦いだ!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

没落帝国の覚醒から7年後、銀河は新たな脅威に直面しました。

はたして手負いの織田一党は、謎の勢力に根絶やしにされてしまうのでしょうか。

 

 

「Stellarisプレイ日記Ⅱ②」臥薪嘗胆

前回はこちら

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿、大丈夫ですか。具合がよろしくないのですか。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

大丈夫。妙な夢を見ただけだ。

変な菌類がトナカイのソリにのって我が星にやってきたんだ、、

f:id:Mestral:20170103104408p:plain

(公式より)

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

現実はもっと混沌としておりますぞ、殿。

実は妙な報告が調査船から入ったのです。

 

 f:id:Mestral:20170109012313p:plain

続けてくれ。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

調査船はある文明に出会ったのですが、彼らは非常に進んだ技術を持っているようなのです。

 

 f:id:Mestral:20170109012313p:plain

ちょうどむかし南蛮人に出会ったようなものかな。フロイスとか懐かしいな。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

ええ、彼らは我々をずっと見守っていたと申しています。同じようにあらわれて消えていく文明を見てきたとも。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

して、どんなやつなんだ。

 

 f:id:Mestral:20170109013504p:plain

これです。

f:id:Mestral:20170103104814p:plain

 

 f:id:Mestral:20170109012313p:plain

、、、ごめん。

ゴ◯ブリにしか見えねえ。

 

  f:id:Mestral:20170109013504p:plain

どうでもいいですけど、◯キブリってゴキカブリが名前の由来なんですってね。ゴキとは木の食器のこと。それがなまってゴキブ◯なんですって。

 

 f:id:Mestral:20170109012313p:plain

それでやつらは何と言ってきているんだ。

 

f:id:Mestral:20170103105036j:plain

 

オダの民よ!お前たちと出会えてなんとめでたいことか!

まさかこの数世紀で我々と遭遇するなんて考えてもいなかった。

お前たちは宇宙に飛び立つ前に自滅してしまうとばかり思っていたが、

その考えが間違いだったと証明されてうれしいよ。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

 上から目線だな。

報告書によるとやつらはかなり進んだ武器を持っているようだな。

 

  f:id:Mestral:20170109013504p:plain

 ええ、タキオンランスという、この宇宙で一番の兵器だそうで。

おそらくすべての宇宙帝国が束になって戦っても勝算は低いでしょう。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

ともかく今は仲良くしておくほかないだろうな。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それからしばらくして、没落帝国は我が帝国に更なる干渉をすることになる。

f:id:Mestral:20170103110532j:plain

 

オダの民よ、久しぶりだな。

お前が知っている通り、我々はこの銀河のすべての種族について研究している。我々の研究結果によると、お前たちの帝国は良くてあと数世紀しかもたないそうだ。

そこでだ、我々はお前たち種族を絶滅危惧種とみなし、手厚く保護したいと考えている。お前たちが快適に過ごせるような惑星をひとつ用意するつもりだ。そこにお前たちの人口の一部を移住させてはどうか。彼らはすべての災難から保護されるし、お前は何の心配もする必要がないのだ。

さあ、どうする。

 

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

・・・・・・・・。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

(このような言われ方をしたら殿は、、、)

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

仕方ない、受け入れるほかないだろう。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plainf:id:Mestral:20170109012828p:plain

(あのノブちゃんが怒らないなんて)

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

臥薪嘗胆という言葉があるだろう。

今はただ耐えるのみだ。

今に見ていろゴキブリどもめ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

信長は没落帝国へ向かう船団をずっと眺めていた。

首都星で貧困に喘いでいた人々が、一縷の希望を胸に宇宙に飛び立つのだ。

彼らは新たな星で新たな生活を始める。

果たして彼らはどのような運命をたどるのだろう。

 

f:id:Mestral:20170103113217j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

屈辱的な要求を受け入れた織田一党。

そんな彼らも、少しずつ国力をつけ始めています。

さて、彼らは没落帝国を倒すまでの力を得る事ができるのでしょうか。

もしくは彼らの言うとおり、諸行無常、風の前の塵となってしまうのか、、。

 

f:id:Mestral:20170103113543j:plain

 

宇宙はまだその結末を知らない。

 

次回はこちら

「BF1」個人的にツボなスクショなど

なにはともあれ、まずはこれかな。

 

f:id:Mestral:20161225154840p:image

 

力なくうなだれるオスマン兵。

いや、かれはうなだれているのではありません。このまま彼は天に召されようとしているのです。

思わず足を止めて彼の成仏を祈るのでした。

(スクショ撮ってるだけやろ)

  

続いてはこちら

f:id:Mestral:20161225155114p:image

キャバリーソードで騎兵同士斬り合い、あえなくやられたところです。

 

しかしよく見てください。

あなたには見えましたでしょうか?

 

f:id:Mestral:20161225155254j:image

彼もまた、同じ運命を歩んでいたのです。

 

以上、戦場カメラマン兼近頃は援護兵でリムペット爆弾にはまる人でした。

 

おわり、

「BF1」重戦車論

みなさんこんにちは。

 

BF界にはダステルさんみたいに上手い人も沢山いますよね。プレイ動画を見れば惚れ惚れするレベル。

 

しかし、その中であえて筆者が考える重戦車論を、自分の運営するブログだからいいだろうと言う安易な気持ちで、ここに記していこうと思います。

 

まあ筆者はコンクエで重戦車を使ってたまーに40キルは取れるレベルだとお考えください。(中級者は名乗っていいのかな?たぶん)

 

前置きが長くなりました。それでは始めましょう。

 

①三人称視点に慣れよう

まず一つ、どのビークルに乗るときも共通しますが、三人称視点はほんとうに便利です。

 

一人称だと基本的に目の前しか見えないので、まわりから近づいてくる歩兵への対応に遅れてしまいます。特に戦車で入り組んだところに入り込むときなんかそうですよね。ballroombritzのB旗とか、シナイ砂漠のC旗周辺とか。

 

というわけでまずは三人称視点になれるところから始めてみましょう。

 

②味方の歩兵と前線を押し上げよう

たまに芋砂さんみたいに遠くから砲撃ばかり繰り返す芋タンクさん、見かけませんか?それは非常に勿体無い。戦車は味方歩兵と行動を共にするだけで格段に生存率かアップします。

 

相手の立場にたってみましょう。目の前に戦車と歩兵がいたら慌てませんか?  対戦車装備がなければ逃げるだけだし、かりにリムペット爆弾を持っていたとしても、戦車に肉薄する前に随伴歩兵にやられちゃいますよね。

 

歩兵と一緒に行動するようになると、必然的に旗取りに参加することになります。自分の砲撃に呼応して味方が突撃していく姿、本当に壮観ですよ。

 

その中で注意すべきは、「味方歩兵より突出しすぎないこと」でしょうね。ついつい無双したくなる気持ちはわかりますが、それだけは気をつけて。

 

③無理せず下がることも大事

筆者の場合、HPが7割を切った時に後ろに下がっています。

そのときは常に遮蔽物を利用するのが肝要。必ず物陰で修理ですね。

ちなみに筆者はあんまり緊急修理は使いません。通常修理で対応できないときに使用を限らないと、いざという時に使えないかもしれませんからね。

遮蔽物を利用しに下がる間、味方歩兵が持ちこたえてくれるはずです。もっとも戦車を追いかけようとして突出してくる敵兵など、こちらの良い的になるてしょう。

 

さて、いかがでしたか。

思うところがあれば付け足そうと思いますが、今日はここまで。

ぜひ普段重戦車に乗らない方も、この記事で興味をもっていただければ嬉しく思います。

 

ちなみに筆者が重戦車プレイをしてて一番うれしいのは、ラウンド中にしらない方がめっちゃリペアツールで回復してくれる時ですね。この場を借りて、

ありがとう。

 

「Stellarisプレイ日記Ⅱ①」人間五十年

前回はこちら。

 

f:id:Mestral:20161113105135j:plain

 

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

さてさて、Oda家始まるよ~!

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

今回は宇宙の覇者を目指しましょうぞ、殿。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

官兵衛か、よろしく頼むな。

時代も変わったことだし、今回はちょっとテイストを変えて頑張ってみるよ。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

(そそくさ、、、)

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿!こちらに光秀がおりますぞ!!

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

光秀よ、もう怒ってないから出ておいで。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

(しょぼん、、、)

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

あれからもう1000年近く経ったんだ。過去のことはとっくの昔に水に流しておるわ。今はこうして新たな生活が始まったのだから、仲良くやろうではないか。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

(仲間になりたそうにこちらを見ている)

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿がそう仰るのであれば、わかりました。

では三人そろったところで、まずは国家運営の方向性を決めておきましょう。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

いくら第六天魔王と呼ばれても、やっぱり世間の評判って気になるねんな。だから基本的には義のない戦争はしないようにしようと考えてる。

それにわが国の地盤はまだまだ整っていない。国力が整うまでは無駄な戦争はしないようにしよう。

まあ、喧嘩を売ってきた敵は徹底的に根絶やしにしてくれるわ。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

(優しくなったように見えて根本変わってないな、、、)

では周辺諸国と防衛協定など結びますか。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

そこまで深入りすることはないだろう。仲良くなりすぎずバランスをとることが大事だと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:Mestral:20161113110550j:plain

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿、ついに初の植民が完了しましたぞ。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

それはめでたいことだが、何で自動生成の名前なのにToyotomiなの?

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

まあまあこれはたまたまですよ(筆者注ーほんと)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

ところで殿、一つ気になることがあります。

こちらの星図をご覧ください。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

どれどれ。

f:id:Mestral:20161113111613j:plain

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

北の国境を接するOzkoxなる人種たちが、我々に敵意をむき出しにしているとの情報がありました。

f:id:Mestral:20161113111720j:plain

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

友好関係マイナス148と敵意むき出しですな。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

やつらは徹底的な孤立主義者なんだろう。わが国が国境を犯しているなどと思っているに違いない。現時点で兵力はやつらのほうが上のようだな。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

早急にコルベットを製造しておくべきでしょう。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

あの新兵器の配備も頼んだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:Mestral:20161113112211j:plain

「おろかなケダモノどもめ。艦隊の準備を始めるがよい、これは戦争だ!!我々がお前たち青二才どもを屠ってくれるわ」

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

貴様らの方が醜いケダモノであろう、タワケども。貴様らのような種族はこの宇宙の害悪でしかないだろうし、いずれ誰かがトドメをささなければならなかったのだ。よろこべ、全員そろって地獄に送ってやる。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

(やばい、のぶちゃん激おこや)

 

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

今回はわしが陣頭指揮をとる。ついて参れ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

(敦盛より)

 

f:id:Mestral:20161113113636j:plain

 

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

敵は所詮戦争の素人だ。わが国の奥地まで侵攻してきたやつらは疲れきっているに違いない。ここで一気にたたくぞ。

 

f:id:Mestral:20161113114232j:plain

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

事前情報の通り、敵艦隊の構成はコルベット主体ですね。

 

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

コルベットごときで駆逐艦に勝てるはずがないであろう。

一隻も返すな。すべて打ち落としてしまえ。

全軍に伝えよ、撃てば当たるぞ!

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿、敵は母星へと退却を始めました。

 

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

緒戦の勝利を最大限生かすのだ。

敵の首都星へと突撃せよ。今すぐだ。

f:id:Mestral:20161113114619j:plain

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

おろかな奴らよ。

なぜ兵力を一度に集めなかったのか。これでは各個撃破されるだけであろう。

f:id:Mestral:20161113114635j:plain

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

惑星表面への爆撃を開始しました。

 

f:id:Mestral:20161112155318p:plain

よし、光秀に連絡して揚陸兵を出せ。一気に首都を抑えるぞ。

Oda家に喧嘩を売ったことを後悔させてくれるわ、ははは。

 

f:id:Mestral:20170109012828p:plain

 (・・・・)

f:id:Mestral:20161113115041j:plain

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

殿、敵から講和の使者が参りました。

 

f:id:Mestral:20170109012313p:plain

もうよい。適当にあしらっておけ。やつらのちっぽけな領土を削り取ることにこれ以上かまっておれんのでな。

 

f:id:Mestral:20170109013504p:plain

(あ、もとにもどった、、、ふう)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうしてOda家は、最初の脅威となったOzkoxを退けることが出来た。

しかしこの宇宙を覆う雰囲気は変わる様相を見せない。

Ozkoxとの戦争など所詮、大海に一滴の水を落としたに過ぎないのだ。

 

世はまさに戦国時代。

果たしてOda家は生き残ることができるだろうか。

f:id:Mestral:20161113115941j:plain

 

次回はこちら。

「Stellarisプレイ日記Ⅱプロローグ」Nobunagaの野望?

f:id:Mestral:20161112162120p:plain

 

いつの世も戦争が続いている。

いつの世も戦争によって残されるのは、無人の荒れ野だけだ。

 

そして、刻まれた傷は時の流れとともに消えて行く。

 

f:id:Mestral:20161112162155p:plain

その傷を目撃し、記憶しているのは、

満天に輝く星の群れかも知れない。

 

f:id:Mestral:20161112162325p:plain

 

 

その星すら、いつの日か流れ星のように消え去る運命にある。

 

これは、そんな星々の間で、

いつの日か語られたある人間たちの、

今はもう忘れかけている戦いの記録である。

(田中芳樹銀河英雄伝説」より引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

時は西暦2XXX年。

人類は突如宇宙から侵略してきたOda家に支配されていた。

 

人々は思っただろう、Nobunagaは天正10年に死んだはずだと。

 

しかし彼は死ななかった。冷凍保存され宇宙へと打ち上げられた彼は、月面にてOda家を再興。虎視眈々と上洛の機会を伺っていたのである。

 

人類は彼を救世主と歓迎した。

折りしも宇宙は戦国、群雄割拠の時代である。

第六天魔王と呼ばれたNobunagaなら、人類の将来を託せるのではないか。

 

そうして彼は人類史上、初めて地球全体を一つの旗の下にまとめたのだ。

Union of Oda Planetsの誕生である。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、こうして信長の第二の野望が始まろうとしています。

彼らはどのような物語をつむぐのでしょうか。

次回へ続く!

 

f:id:Mestral:20161112162823j:plain

 

 

「FIFA17」システム論①ユベントス

読者の皆様お久しぶりです。

 

この項ではシステム論と題しまして、オンラインシーズンに精を出す筆者のシステムやチーム選びに関する考え方をお伝えする事で、何か一つでもお役に立てればと思い筆をとりました。

 

さて、まずはユベントス

言わずと知れたイタリアの名門ですね。よくイタリア代表の屋台骨はユーベのディフェンス陣で、代表でもキエッリーニボヌッチ、バルザッリが構成する最終ラインを「ユーベブロック」と言ったりしますよね。

 

そんなユーベでプレーするとき、僕は4-2-3-1を使用します。

 

f:id:Mestral:20161030155116j:image

 

キーパーを務めるのはブッフォン

ディフェンスは左から、エブラ、キエッリーニボヌッチ、アウベス。

中盤は左サイドにアレックスサンドロ、右にはグアドラード。三角形の底辺はマルキージオピアニッチ。トップ下の位置にはディバラ。

ワントップはお腹のたるみは意外と問題にならなかったイグアイン。以上4-2-3-1です。

 

f:id:Mestral:20161030155133j:image

念のため戦術も。

 

まず特徴的なのは、左サイドにサイドバックが本職の選手を二人並べているところ。意図するところは相手のサイドアタック対策です。

画像では右MFにグアドラードを起用していますが、より固めに行くならリヒトシュタイナーが良いでしょう。

 

中盤の3枚は三角形に配置します。

単純にマルキージオが汗かき役、ピアニッチがボールの捌き役といったところ。

このフォーメーションは何故かマルキージオピアニッチの負担がかなりかかるので、いつもハーフタイムにどちらかをケディラと入れ替えています。ピアニッチケディラと替えれば、より中盤でボール奪取できるでしょうね。

 

では、三角形のトップはディバラにお願いしましょう。ポジション微調整でSTに変えておきます。どちらかというと裏を取る動きを重視してもらいましょう。

 

ワントップはもちろんイグアインですよね。

そこそこキープ力もあるのでターゲットマン的に動いてもらいます。

 

さて、ここまで書いたところで、ビルドアップからラストパスまでの攻め筋を確認しましょう。

 

ビルドアップはサイドから。ブッフォンからスローでエブラかアウベスにボールを渡します。

 

そこからシンプルに全体を押し上げた後、マルキージオピアニッチにボールを渡します。

 

そこからはイグアインに楔のパスを打ち込む作業に入ります。うまく見ていればディバラがイグアインを追い越すタイミングに合わせてスルーパスを出せるはず。また、中盤もどんどん上がってくるので彼らに渡しても良いですね。

 

なんか今作、ピアニッチみたいにキックがうまい選手でなら、ミドルでも意外と入る気がする(あくまで筆者の主観です)プレスがなくてコースが空いていれば、積極的に狙って行っていいかも。

 

しかしユベントスのサイドはスピードのある選手ばかりなので、中盤を省略してサイドアタックに特化しても良いでしょうね。少なくともサイドでボールを失ってもすぐ取り返せる。

 

守備面でこのフォーメーションが良いのは、敵の4-2-4に対応しやすいところ。既述の通り、グアドラードをリヒトシュタイナーに替えれば、クリロナやベイルを二人がかりで抑えられる(気がします)

 

以上です。

気になった方はぜひ試してくださいね。